このページの本文へ

集中監視ツール「System Recovery Monitor」を標準添付

最大45%値下げ!「Symantec System Recovery 2013」

2013年01月09日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月8日、シマンテックは中小規模企業向けイメージバックアップ製品の最新版「Symantec System Recovery 2013」の国内市場提供を発表した。

 この新製品では、バックアップ状況を可視化し、直感的に利用できる集中監視ツール「System Recovery Monitor」を新たに標準で提供。専用のサーバーを必要とせず、1台のWindowsマシンから複数のサーバーやデスクトップのバックアップ状況を集中的に監視できる。シンプルなユーザーインターフェースを採用しているので、IT担当者でなくても簡単に利用でき、バックアップ状況を可視化できるという。

 また、サポート対象プラットフォームに、

  1. Windows 8
  2. Windows Server 2012
  3. VMware vSphere 5.0 / 5.1

などが加わった。

 そのほか、従来のメーカー希望小売価格を最大45%値下げすることで、特に中小規模企業のシステム保護対策を支援するとしている。参考価格は、「Symantec System Recovery 2013 Desktop Edition」が1デスクトップあたり7800円、「Symantec System Recovery 2013 Basic Edition」が1サーバーあたり5万3400円などとなる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ