このページの本文へ

ピクセラ「PIX-DT260」

ピクセラからロープロファイルのダブルチューナーボードが発売

2012年12月28日 22時27分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 高感度シリコンチューナーとハードウェアAVCトランスコーダーを2基搭載するテレビキャプチャーボード「PIX-DT260」がピクセラから発売となった。

フルハイビジョンモードで放送された番組をハイビジョン画質のまま、最大15倍までAVC録画が可能な「PIX-DT260」
B-CASカードはminiタイプを採用する

 LowProfileサイズながら、地上/BS/110度CSデジタル放送対応のチューナーを2基搭載した、PCI Express x1対応のデジタル3波対応ダブルチューナーボード。2基のハードウェアAVCトランスコーダーにより、フルハイビジョンモードで放送された番組をハイビジョン画質のまま、最大15倍までAVC録画が可能となる。
 そのほか、自動的に空き容量に余裕のあるHDDに切り換えて録画するリリーフ録画や、時間変更追従機能、外出先からの録画予約が可能。さらに同梱ソフトウェアの「PIXELA Digital MediaServer」を使えば、DTCP-IP配信で録画番組を共有することもできる。
 価格は1万7800円。ZOA秋葉原本店やTWOTOP秋葉原本店、ドスパラ パーツ館、フェイス秋葉原本店、PC DIY SHOP FreeTで販売中だ。

ロープロファイルサイズながら、地上/BS/110度CSデジタル放送対応のチューナーを2基搭載する

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中