このページの本文へ

「GigaCC iOSアプリ」iPad版リリース

日本ワムネット、ストレージサービス「GigaCC ASP」にiOSアプリ

2012年12月26日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月25日、日本ワムネットは企業向けオンラインストレージサービス「GigaCC ASP」のiOS用アプリをリリースした。

「GigaCC ASP」は2003年スタートのストレージサービスだ

 2003年リリースのGigaCC ASPは、企業間のファイル送受信、共有サービスの中でも特にセュリティ、ユーザービリティに優れたというサービス。製造・金融・サービス・流通・メディアなどの上場企業や大企業、自治体等で採用されているという。

 今回リリースの「GigaCC iOSアプリ」(iPad版)は、デバイス上へのデータ保管を制限する機能、オフラインでも利用できる機能を搭載。保持期間を過ぎたファイルを端末側から自動的に削除したり、アカウント毎に端末側へのファイル保存の許可・不許可をコントロールする機能も持つ。

 12月25日よりiPad版を先行リリースし、提供準備が整い次第iPhone版アプリをリリースする。

 日本ワムネットは、住友商事の子会社でNTTコミュニケーションズなども出資する合弁会社。大容量データを安全に伝送、共有、保管するサービスやWebサイトのネットワークシステムの開発や販売事業を展開している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ