このページの本文へ

こんなに値下がってた!? 2012年中に買うべきデジタル機器第1回

あのミラーレスが2万円台!? プロが発掘 お買い得デジカメ

2012年12月24日 12時00分更新

文● 周防克弥、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デジタル一眼レフのお買い得はキヤノン「EOS Kiss X5」
標準ズームキットが4万5000円前後!?

「EOS Kiss X5」の本体サイズは幅133.1×奥行き79.7×99.5mmで、メディア、バッテリー込みの重量は約570g。一眼レフとしては小型だ
「EOS Kiss X5」は標準ズームキットが最安で4万5000円前後で売られている。本体サイズは幅133.1×奥行き79.7×99.5mmで、メディア、バッテリー込みの重量は約570g。一眼レフとしては小型と言えるだろう

 今年の一眼レフデジカメは年末近くになってから低価格なフルサイズ機がキヤノンとニコンの両方から発売されたのが印象的だが、お買い得なデジイチとなるとまだまだ実用性重視なAPS-C機になる。

 中でもおすすめなのは昨年に発売され、新型が出てもいまだ現役機のキヤノン「EOS Kiss X5」だ。最安レベルでは、標準ズームキットが4万5000円前後、ダブルズームキットが5万5000円前後で入手できる。

大きめのモードダイアルを装備。オートを選べばあとはシャッターを押すだけで綺麗で高画質な写真を撮れる 大きめのモードダイアルを装備。オートを選べばあとはシャッターを押すだけで綺麗で高画質な写真を撮れる
背面液晶は可動式で、自由にアングルを変えて撮影できる
背面液晶は可動式で、自由にアングルを変えて撮影できる

 すでに新型の「EOS Kiss X6i」が登場しているが、撮像素子の画素数はここ最近のキヤノンのAPS-C機が長く使用している1800万画素で違いはなく、基本的には中級機の「60D」や「7D」とほぼ同じといっていいだろう。

淡い色合いのグラデーション描写は大きめな撮像素子ならでは。明るいハイライトの中にも潰れてしまうことなく階調が生きている 緻密な描写力と階調表現力が魅力。最新のデジカメと比較しても差はほとんどない
淡い色合いのグラデーション描写は大きめな撮像素子ならでは。明るいハイライトの中にも潰れてしまうことなく階調が生きている緻密な描写力と階調表現力が魅力。最新のデジカメと比較しても差はほとんどない
撮影後の画像に処理を加えて新しく保存することが可能。写真は粒子の荒れたモノクロ風にする「ラフモノクローム」で処理した 「ジオラマ」では、部分的にピントを合わせ、ほかの箇所をぼかすことでミニチュアっぽい写真にする
撮影後の画像に処理を加えて新しく保存することが可能。写真は粒子の荒れたモノクロ風にする「ラフモノクローム」で処理した「ジオラマ」では、部分的にピントを合わせ、ほかの箇所をぼかすことでミニチュアっぽい写真にする

 X5にはコンデジ感覚で簡単に撮影できる機能が備わっている。シーン選択までも含めてカメラが自動的に設定してくれる「シーンインテリジェントオート」に加え、オート設定のまま思い通りの仕上がりにするためにイメージ(「くっきり鮮やかに」など)で機能を選んで設定できる「表現セレクト」や、撮影後の画像にモノクロやソフトフィルター、魚眼レンズ風といった特殊効果を付加させることのできる「クリエイティブフィルター」など、一眼レフを楽しめる機能が満載だ。

感度別撮影サンプルをチェック!

ISO 100 ISO 200
ISO 100ISO 200
ISO 400 ISO 800
ISO 400ISO 800
ISO 1600 ISO 3200
ISO 1600ISO 3200
ISO 6400 ISO 12800
ISO 6400ISO 12800

 感度をチェックしてみると、ISO 3200からノイズが目立ちはじめる。最高感度のISO 12800ではディテールの再現性が落ちるが縮小して使用するならば問題ないレベルだ。基本的にはISO感度はISO 6400までの設定でISO 12800は拡張機能としての存在なので、緊急用と割り切ったほうがいいかもしれない。

 なお、X6iと細かく画質の比較をすると、画像処理エンジンの違いで差があり、高感度でのノイズ処理はX6iのほうがよくはなっている。だが、X5でも十分な性能を持っている点を強調しておきたい。

中級機に引けをとらない写真が撮れる!

 Kissシリーズは毎年モデルチェンジを行なっているので型落ちになるのが早いが、ここ2~3年のモデルでは旧機種でも十分な完成度を持っており、プロの現場は別として一般的な使用をするなら旧機種であっても何ら問題ない画質の写真を撮ることができる。

 発売時期的に考えれば中身的には同社の中級機「EOS 60D」と同等で、撮影結果を見比べても大した差はないだろう。なお、ダブルズームキットには標準ズームキットにプラスして望遠ズームが格安でついてくるのだが、X5のダブルズームキットに付属する望遠レンズはAPS-C機専用となる。今後フルサイズ機にグレードアップしても装着できないという難点があるため、見極めが必要だ。

■Amazon.co.jpで購入

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン