このページの本文へ

日本各地のかっこいいスポットを愛でる!

ビッグサイトから見える青海コンテナ埠頭内部を見てきた

2012年12月29日 15時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ガントリークレーンを登ってみた

 地上からガントリークレーンを確認した次は、エレベーターに乗って、コックピットのある高さ約40mのところまで移動した。青海コンテナ埠頭だけでなく、品川コンテナ埠頭や大井コンテナ埠頭、ビッグサイトも見える見晴らしのいい場所だった。またブーム部も間近で、男の子大好きゾーンすぎる場所でもある。

けっこう急な階段を登ってエレベーターまで移動

押しボタンの配列はシンプル

ドアは手動。なんというかハッチっぽくてかっこいい

エレベーター内部。制御盤と電話、脱出用のはしごが確認できた

スペックは写真の通り。積載240kg、定員3名までだ

ぐわんぐわんとレールのつなぎ目ごとに軽く揺れながらゆっくりと上昇していく

というわけでコックピットの高さまできたところ。天気が良かったこともあり、実に見晴らしがいい

地上から見ていた船舶よりも高い位置にある

ずらずらーと並ぶコンテナ。コンテナのサイズは12、20、40、45フィートの4種類があるが、青海コンテナ埠頭には20フィートと40フィートの2種類のサイズが並ぶ

ガントリークレーンのてっぺん

地上から見てうっとりしてしまったケーブルのたわみも間近に。奥に見えるのは東京ゲートブリッジ

東京ゲートブリッジも近いため、車で近くに寄ったときは見に行ってみるといいだろう。毎月LEDのカラーが変化する

特定の男子が大好きなケーブルおよび電装ケーブル

スプレッダーのアップ。見た目こそごついがシンプルな構造をしている

ブーム部。この角度から見るとキリンというよりは、アーマード・コアの四つ脚っぽい

さらにブーム部によってみたもの。先端部まで行きたかったなぁ。怖いけど……

羽田空港も近いため、時折、上空を飛行機が通過していた

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン