このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

マイクロソフト・トゥディ第25回

LINE、ミクシィ、アメーバ、Twitter—拡充するWin8対応ソーシャルアプリ

2012年12月20日 16時30分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 8対応ソーシャルアプリが、来年にかけて出揃うことになりそうだ。

12月14日、日本マイクロソフトが、Windows 8対応ソーシャルアプリに関する記者説明会を開催し、ソーシャルアプリの拡充が公表された。(左から)ミクシィ メディア統括部Windows 8ユニットプロダクトオーナーの戸高慎一郎氏、Twitter Japan パートナーシップディレクターの牧野友衛氏、日本マイクロソフト 業務執行役員 Windows本部の藤本恭史本部長、サイバーエージェント 技術部門執行役員 アメーバ事業本部経営本部統括の長瀬慶重氏、NHN Japan ウェブサービス本部 執行役員・CSMOの舛田淳氏

 すでにミクシィが、10月26日のWindows 8の発売当日に「mixi」アプリ、「ミクシィ年賀状」アプリを正式リリース。NHN Japanが「LINE」アプリを12月20日、さらにサイバーエージェントが2013年1月10日にAmeba芸能人・有名人ブログアプリを公開する予定を明らかにしている。

「mixi」「LINE」

 そして、Twitter Japanでも、「Windows 8対応のアプリを開発中。遠くない時期に公開することができる」(Twitter Japan パートナーシップディレクターの牧野友衛氏)とする。もちろん、FacebookでもWindows 8対応アプリの投入が注目されるところだ。

 いずれも、Windows 8ならではの横スクロールやタッチ機能に最適化したアプリケーションになる予定である。

 Windows 8の利用を促進する上では、ソーシャルアプリの存在は重要なものになる。

 「Twitterでは、1億4000万人以上のアクティブユーザーがあり、1日に4億件のツイートがある」(Twitter Japan パートナーシップディレクターの牧野友衛氏)、「LINEの全世界の登録ユーザーは8550万人、日本国内では3700万人。その86%の利用者が毎月1回つぶやく。1週間で200万人増加した時もある」(NHN Japan ウェブサービス本部 執行役員・CSMOの舛田淳氏)、「mixiの月間ログインユーザー数は約1400万人以上、スマートフォンMAU(Monthly Active Users)では約800万人。日本の10代後半〜20代前半の全人口の半数弱が、mixiをアクティブに活用している」(ミクシィ メディア統括部Windows 8ユニットプロダクトオーナーの戸高慎一郎氏)といった各種ソーシャルメディアの存在は、Windows 8の利用促進においても、キラーツールとなりうるのは明らかだ。

 約11億人のユーザーベースを持つWindowsだが、現時点でのWindows 8の出荷ベースは約4000万。普及率はわずか4%弱に留まる。

 Windows 8の利用者を増やす上では、ソーシャルアプリの対応は不可避だといえる。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン