このページの本文へ

NEXTGEARで遊ぶファンタシースターオンライン2日記第10回

マウスコンピューターの『ファンタシースターオンライン2』推奨パソコンを活用!

PSO2日記:「ファイターはじめました」

2012年12月20日 21時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

メイフィアさんのファイターメモ「ダブルセイバー」

 ファイターは3つのクラス用武器がある。ダブルセイバーとツインダガー、ナックル。まずダブルセイバーは攻撃範囲こそ広くないが、単体へのダメージ効率が高いすぐれた武器だ。リーチは短いものの、瞬間火力に優れる「デッドリーアーチャー」「アクロエフェクト」があるため、ファイターの場合、基本はダブルセーバーを使うことが多い。

 周りのプレーヤーを見ても、ダブルセイバーを担いでいる人が多い。スキル「ダブルセイバーギア」は“かまいたち”を短時間、自身の周囲に発生させるもので、範囲内のエネミーにダメージを与えられる。PAと絡めての運用が効果的で、ウィークバレットがついている部分への攻撃時に発動させておくと、イイ感じのダメージソースになる。またゲージの蓄積も早いため、意識的に使うクセをつけておくと、撃破速度アップにつながるだろう。

 筆者の場合だとファイター/テクターなので、ゾンディールでエネミーを集めて「デッドリーアーチャー」→「アクロエフェクト」とつなぐことが多い。「デッドリーアーチャー」×3でもいいのだが、攻撃を防ぐ目的で「アクロエフェクト」を挟んでいる。またダウンを奪える「ラ・ザン」をノーチャージで出して、エルアーダーなどの高いところにいるエネミーを落としてから、攻撃といったも攻め方できる。そんな使い勝手がなかなか気に入ったので、ダブルセイバーは全クラス装備可能でありつつ、けっこういい性能な「フォシルヴィクター」を愛用するに至った。

ダブルセイバーの代名詞的存在のPA「デッドリーアーチャー」。放り投げたブーメランだ。チャージ時は最大10ヒット、通常時は最大7ヒット。状態異常系の特殊能力をつけておくと、ファイターのスキル「チェイスアドバンス」の効果も乗りやすくいいあんばい
「アクロエフェクト」は攻撃速度とダメージに優れる4段攻撃。1~3段目まではガード判定があり、ガード発生時にはジャストガードになるため、ガード代わりに使える。4段目はジャンプしながらの切り上げで、やや後ろに下がるが、発生直後にステップでキャンセルをかけることで、連続攻撃に持ち込める。またPAでのキャンセルも可能なので「アクロエフェクト」で高さ調整をして「デッドリーアーチャー」をたたき込むのにもいい
弱点がちょっと高い位置にあり、よく動く場所である場合は「アクロエフェクト」が全ヒットしやすい。旬であればファルス・アームの後ろにあるコアがそうなる

メイフィアさんのファイターメモ「ツインダガー」

 次にツインダガー。ボスの頭上で地上に降りることなく延々と攻撃というのが楽しい。ただマルチの場合はボス戦以外は出番がないに近いため、持ち替えて使う系に属する。ツインダガーは手数が多く、ダメージもそこそこで空中にいると攻撃力が上昇する「ツインダガーギア」でけっこう遊べる。ただなるべく空中で戦い続ける必要があるため、武器持ち替えでPAを入れ替えたり、スピンアで軽く上昇したりなど忙しい武器でもある。

 武器の持ち替えナシでいくならば「シュートポルカ」「レイジングワルツ」「オウルケストラー」の3種でやってみると、けっこう粘れる。コアは「レイジングワルツ」で、ホーミング性能の高さを利用して、移動するボスを追いかけるといった運用から「シュートポルカ」で高さ調整、動きが止まったら「オウルケストラー」を全段入れるといい。なお、スピンはその場で回転しながら少し上昇する特殊アクションで、2連続まで可能。攻撃判定やPP回復のほか、ガード性能もすこぶるいい。「やばいなぁ」と思ったくらいで入力するか、クォーツ・ドラゴンのばらまきレーザーであれば、当たる直前の目押しでガードできる。ダメージを減らす手段としても、そこから反撃に出られることも考えると慣れておきたいところ。

「レイジングワルツ」。ターゲットしたところに向かって大きく進み、かつダメージも大きめ。「ツインダガーギア」を維持したまま、次のターゲットに向かうこともできるが、マルチの場合だとだいたいエネミーが殲滅されているので、対ボス用に割り切ってもいい
「シュートポルカ」。蹴り上げからの連続斬撃。発生も早く、エネミーを浮かせる効果を持つ。空中でも同様だが、攻撃発生が早いため、ボスの弱点にダメージを与えたいときになかなか便利
「オウルケストラー」。高速連続攻撃で12ヒット。最後の一撃には浮かせ効果がある。地上で発動した場合は、初段のためがあり、攻撃をしながら前進。空中の場合は、その場で即発動と挙動が異なり、また攻撃中は落下しない。動きが派手なのでスクリーンショット用としてもオススメ

 
iconicon

(次ページ、「メイフィアさんのファイターメモ「ナックル」」に続く)


 

この特集の記事
マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune

 

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune