このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

グーグル、iPhone向け「Google マップ」を公開

2012年12月13日 16時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ナビゲーション機能

 ナビゲーション機能では、音声で経路を案内するだけでなく、リアルタイムの交通状況も確認できるほか、公共交通機関を利用する際には、Google マップに搭載された世界100万件以上の交通機関データを活用。経路検索では、自動車、公共交通機関、徒歩を自由に切り替えられるため、自動車での移動か、公共交通機関での移動かを悩んでいた際にも、どちらが早く到着するかをすぐに比較できる。

経路検索画面では目的地までのルートを表示する目的地までの所要時間を表示。到着予想時刻なども表示できる
自動車、電車、徒歩での表示をワンタップで切り替えられる電車での乗り換え案内を表示
右側からのスワイプで交通状況、路線図、航空写真、Google Earthを表示できる交通状況で渋滞の様子を表示する
航空写真を表示した様子路線図を表示している様子
よく行く場所を登録して、2タップで自宅、職場などのルートを検索できる

 さらに、端末を振れば、フィードバック送信画面が表示され、精度の高い地図の作成に活用できるという。

iPhoneを振るとフィードバックの送信画面が出てくる行った先の店が閉店していたといった情報などを送信することでGoogle Mapsの精度向上に貢献できる

 また、同社では、iOS向けアプリケーションの開発者向けに、Google Maps SDK for iOS の提供も開始した。


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中