このページの本文へ

SAPPHIRE「VAPOR-X CPU COOLER」

あのベイパーチャンバー採用のSAPPHIRE製CPUクーラーが誕生

2012年12月12日 22時21分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SAPPHIREとしては初のCPUクーラーとなる「VAPOR-X CPU COOLER」が発売となった。同社製ビデオカードでも採用される冷却機構“ベイパーチャンバー”を備える。

SAPPHIREとしては初のCPUクーラーとなる「VAPOR-X CPU COOLER」。Radeon搭載ビデオカードのハイエンドモデルに採用されることが多い“ベイパーチャンバー”を使用したのが特徴だ

 SAPPHIREといえばAMD「Radeon」シリーズ搭載ビデオカードのメーカーとして自作ユーザーからの根強い支持を受けている。そんな同社から登場した初のCPUクーラーは、Radeon搭載ビデオカードのハイエンドモデルに採用されることが多い“ベイパーチャンバー”を使用したのが特徴だ。

135(W)×110(D)×163.5(H)mm、重量924.85gとなる本体は、アルミ製ヒートシンクと7mm径ヒートパイプ×4本で構成。“ベイパーチャンバー”はベース部分に採用される

 135(W)×110(D)×163.5(H)mm、重量924.85gとなる本体は、アルミ製ヒートシンクと7mm径ヒートパイプ×4本で構成され、ウリとなる“ベイパーチャンバー”はベース部分に採用されている。搭載ファンは120mm×2基のデュアル仕様で、スペックは495~2200rpm、40dBA(最大)、77CFM(2基搭載時最大)となる。なお、対応ソケットは、LGA 1366/1156/1155/775、Socket FM1/FM2/AM3+/AM3/AM2+/AM2。
 価格はOVERCLOCK WORKSで8480円、ツクモパソコン本店で9980円となるほか、ドスパラ パーツ館やPC DIY SHOP FreeTでも入荷を確認している。

価格は高めながら気になる製品。Radeon系ビデオカードを利用するユーザーにとってはケース内を統一するのも悪くはないかも

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中