このページの本文へ

富士通春のWin8最新モデルを総まとめ! 第7回

重量約850gのWin8タブレットとしても使いやすい! (2/5)

2012年12月25日 11時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

A4ファイルに近いサイズで持ち運びやすい!

 STYLISTIC WQ2/Jの本体サイズは、分かりやすい例でいえばA4用紙に近い。薄さは12.7mmなので書類として考えれば十分に薄く、クラウドサービスを織り込むと、資料を大量に運べる可搬性がある。

 第1回でもお伝えした通り、STYLISTIC WQ2/J本体の両側面にはインターフェースが数多く用意されており、スイッチ類は本体右側面中央に集中。また排気スリットは本体左側面上部になっているため、片手持ちの場合は必然的に持ち方が限定される。どのように持つべきか意識してデザインされているといってもいい。

スイッチ類は本体右側面中央に集中。ヘッドホン端子類は右側面上部側にある

排気スリットは本体左側面上部にある

 いくつか持ち方を試してみたところ、末端部を持つ、手のひらでホールドするといった持ち方は短時間ならば可能だが、サイズと重量から安定性に欠けるため、滑落を考えると不安が残る。これは実際に持ってみると同様に感じるハズだ。

 となると、腕を利用して持つ必要が生まれてくるのだが、インターフェースと排気スリットの位置に納得がいく。掲載した写真のように手と腕を土台として持ってみると、とても収まりがいいのだ。

重量とサイズから安定した持ち方を考えると、写真のスタイルに着地した。同じ持ち方を7〜9インチのタブレットで行なうと操作が窮屈なのだが、「STYLISTIC WQ2/J」の場合11.6型というサイズがが功を奏している

左の持ち方のまま、本体を180度回転。写真では分かりにくいが、Windowsボタンを上の状態にしてみた。この場合も二の腕でスイッチ類に触れることはない

持ち運びのスタイルは雑誌や書類と同じく、小脇に抱えた感じが多いだろうか

動画や資料を眺めるだけというなら、両手持ちが安定する。また写真は太陽光下で輝度最大の状態のもの。ノングレアだけあって、意外と見える

 前述の持ち方であれば、立ちながらでもスタイラスペン(後述)を使った操作がやりやすい。11.6型サイズの場合、腕を使った持ち方の場合の位置、つまり肘を約90度曲げた状態で持った場合の視認性がとてもいい。スタイラスペンでメモを取る場合にしても、資料をチェックするにしても、ユーザー側が細々した配慮する必要がない点は好感触だ。

富士通 STYLISTIC QH

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

カテゴリートップへ

この連載の記事
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK TH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK CH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LOOX
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通