このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

これは入れたいWindows 8の新定番アプリ特集 第1回

さすがにデキがいい マイクロソフト製Windows 8アプリ

2012年12月10日 12時00分更新

文● 小林哲雄

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本のアプリはまだ少ない
若者向けのアプリ開発促進策も

 11月26日にマイクロソフトは、「ストアアプリの登録数が2万本を突破した」と発表した。もちろんこれは全世界でのトータルであり、日本語アプリを見つけやすい設定で検索すると、途端に見つけられるアプリ数は減る。日本マイクロソフトでも、ストアアプリ開発の促進策を進めている。本稿執筆時点で発表された施策は2件。どちらも若い開発者や予備群に向けてアピールしている。

就活支援のストアアプリを3社が提供する予定

 まず12月3日には、「Windows Ambassadorキャンパスツアー報告会」が開かれて、マイナビ、リクナビ、楽天の3社が、学生の就職活動支援用Windows 8アプリを投入すると発表している(12月8日時点ではリクナビ2014のみ公開中)。就活という観点では、楽天が「楽天みんなの就職活動日記」というソーシャルアプリと、エン・ジャパンが「[en]就活適性診断」というアプリをすでに公開している。

 就活というと携帯電話、近年ならばスマホやソーシャルメディアも使ってというのが一般的だと思えるが、ここはWindows 8マシンでアピールをというところだろうか? ちなみにWindows Ambassadorとは、大学生・大学院生で構成されたメンバーが、同じ学生層にWindowsの魅力を伝えるマーケティング活動を行なう取り組みである(関連記事)。

 また12月7日には、Windows搭載パソコンや周辺機器の普及促進団体である「ウィンドウズ デジタル ライフスタイル コンソーシアム」が、次代を担う若者を対象としたWindows 8のアプリコンテスト「Digital Youth Award」をスタートしている(関連記事2)。こちらは「人が豊かになる国民的アプリ」をテーマにしており、アプリに限らずアイデアでも応募ができる。

 ストアアプリはWindows 8発売から3ヵ月以内に、10万本の登録を目標としている。今後もまた、ストアアプリに関する協業発表の予定があるという。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン