このページの本文へ

クラウド間やオンプレミスをインターネットを介さず相互接続

IDCF、ユーザーWANと相互接続する「プライベートコネクト」

2012年12月07日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月6日、IDCフロンティアはユーザー側のWAN環境とIDCフロンティアの閉域網をインターネットを介さず相互接続するサービス「プライベートコネクト」を発表した。

プライベートコネクト接続のイメージ

 「プライベートコネクト」は、IDCフロンティアが各データセンター間やサービスを接続している閉域網に、ユーザーのWANを相互接続するサービス。プライベートコネクトを使うことで、オンプレミスとクラウドおよびデータセンターとの閉域網間でのセキュアなプライベート接続が実現する。また、複数のリージョンのパブリッククラウド間を接続し、GSLB(Global Server Load Balancer:広域サーバー負荷分散)と組み合わせ、広域分散クラウドとして利用したり、ゲーム事業者が複数のパブリッククラウド間で稼働するサービスやゲームタイトルで顧客データベースを共有するなどの利用が可能だという。

 将来的に、IDCフロンティアの閉域網や他の事業者との相互接続も予定しており、第一弾としてソフトバンクテレコムの各種閉域網との接続を予定している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ