このページの本文へ

Club3D「Radeon HD 7870 jokerCard XT」

“Tahiti LE”コア採用の「HD 7870」搭載ビデオカードがClub3Dから

2012年12月06日 23時07分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMD「Radeon」シリーズの派生型となるGPUとなる“Tahiti LE”コア採用をうたう「Radeon HD 7870」搭載ビデオカード「Radeon HD 7870 jokerCard XT」(型番:CGAX-7876XT)がClub3Dから発売となった。

Club3Dから発売となった“Tahiti LE”コア採用をうたう「Radeon HD 7870」搭載ビデオカード「Radeon HD 7870 jokerCard XT」

 “Tahiti LE”は、従来の“Pitcairn”コア採用の「Radeon HD 7870」が備えるストリーミングプロセッサー数が1280基→1536基へと増加したマイナーチェンジ版となるGPU。NVIDIAのミドルレンジGPU「GeForce GTX 660」を見据えた対応製品という位置付けだ。

3本のヒートパイプと92mm口径ファンを搭載したオリジナルVGAクーラー「CoolStream」を採用。補助電源コネクターは6ピン×2を備える
ストリーミングプロセッサー数が1280基→1536基へと増加したマイナーチェンジ版GPUだ

 発売された「Radeon HD 7870 jokerCard XT」は、3本のヒートパイプと92mm口径ファンを搭載したオリジナルVGAクーラー「CoolStream」を採用。コア/ブースト/メモリークロックは925MHz/975MHz/6000MHzとされ、搭載メモリーはGDDR5 2GB(メモリーインターフェース256bit)。出力インタフェースはDualLink DVI-I×1、HDMI×1、Mini DisplayPort×2という構成で、補助電源コネクターは6pin×2を備える。
 入荷を確認したドスパラ パーツ館で、価格は2万1980円となっている。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中