このページの本文へ

マカフィー、11月のサイバー脅威の状況を発表

2012年12月06日 18時00分更新

文● 糸井ウナム/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マカフィーは5日、2012年11月のサイバー脅威の状況を発表した。同社が発表したトップ10は以下の通り。

ウイルス

 全世界で大流行中のBlackhole系が2ヵ月連続でランクイン。これらはAdobe Reader、Java Runtime Environment(JRE)、Flashなどの脆弱性を悪用するもの。アプリケーションの定期的なアップデートを怠らないようにしたい。

検知会社数

検知データ数

検知マシン数

PUP

 ラインナップ、件数ともに先月とほぼ変わらず。PUP(不審なプログラム)はフリーウェア等に付加されていることが多い。

検知会社数

検知データ数

検知マシン数

カテゴリートップへ

マカフィーは大切なものを守ります。