このページの本文へ

PCパーツ人気ランキング&店員も欲しがる旬なパーツ(11月26日~12月2日)

【売上ランキング】人気のゲームデバイスで正月はゲーム三昧?

2012年12月05日 17時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パーツストリート
PCパーツの売れ筋ランキングと、店員オススメのパーツを隔週で掲載する

 毎週、新製品が登場するアキバのPCパーツショップ。そんなPCパーツの売れ筋ランキングと、日々パーツに接しているPCパーツショップ店員が自信を持ってオススメする旬なパーツを掲載する本コーナー。
 売れ筋ランキングは、CPU、メモリー、マザーボード、 HDD/SSD、ビデオカードといった主幹パーツからケースフ ァンといった小物まで、旬なパーツを隔週で掲載していく。

なにげに新製品ラッシュのゲーミングデバイス

パソコンショップ アーク

 いよいよ今年も残すところ1ヵ月を切ったが、“コレは買いだ!”と思えるようなPCパーツの新製品は、ちょっと少なめ……。
 インテルの意気込み(とくに箱を開けると鳴るジングルとか)が感じられる小型PCフォームファクターの「NUC」準拠の同社初ベアボーンは、自作er&小型PC好きの購入欲を大いに刺激して売れ行き絶好調になっているが、それ以外はパッとせず、多くのショップ店員達も「今年はこのまま盛り上がらずに静かに終わるかも……」とテンション下がり気味。
 そんな、PCパーツと違って新製品が続々と登場しているのが、ゲーム向けをうたう入力機器とヘッドセットといったゲーミングデバイスだ。
 というわけで、今週はゲーミングデバイスのランキングを数多くのゲームデバイスを在庫、展示するPCパーツショップの「パソコンショップ アーク」にお願いした。なお、いつもは1週間だが、ゲーミングデバイスはジャンルもラインアップも超豊富なので、集計期間は2週間でチェックしている。

リアル7.1chのヘッドセットがトップ

集計期間 11月26日~12月2日 パソコンショップ アーク
順位 製品名 実売価格
1位 Razer「Tiamat 7.1」
(7.1chヘッドセット)
1万6980円
2位 SteelSeries「KANA Black」
(USBワイヤードマウス)
4480円
3位 SteelSeries「Siberia v2 Full-size HS(Red)」
(ヘッドセット)
9780円
4位 ROCCAT「KAVE(ROC-14-500-AS)」
(5.1chヘッドセット)
9980円
5位 SteelSeries「Sensei」
(USBワイヤードマウス)
9780円

 「世界初のリアル7.1chヘッドセットとして昨年発表され、その後延々と発売が延びていたRazerの『Tiamat 7.1』が堂々の1位です。価格が高いわりに売れ行きは好調で、ゲームに特化したサウンドがやっぱり人気を呼んでいますね。とくにFPSゲームだと、臨場感や敵の足音などがハッキリわかりますよ。2位はSteelSeriesの定番マウスで、手ごろな価格や左右対称の持ちやすさ、小さ過ぎず大き過ぎもしないサイズなどが人気の理由です」

左右あわせて10個のドライバーユニットを内蔵することで、リアル7.1chを実現したヘッドセットの「Tiamat 7.1」。PCとの接続はオーディオ出力×4、マイク×1、電源供給用のUSB×1を使用する

 ランキング中3製品がヘッドセットという予想外の結果に、ちょっと気になったのがキーボードの存在。そこを聞いてみると「ゲーミング向けキーボードも売れてますよ(笑)。ただ、種類が多く最も好みがわかれるところなので、マウスやヘッドセットのように1つの製品に人気が集中することはないですね」とのこと。

アークの寺崎さんに聞いた
旬なパーツはコレ

パソコンショップ アーク 寺崎さん

 今週のイチオシとしてオススメされたのが、ゲーマーはもちろん、“合体ロボ”やSF好きも思わず欲しくなってしまうサイバーなゲーミングキーボードのMad Catz「S.T.R.I.K.E. 7 Gaming Keyboard for PC」だ。

 「2万9800円とキーボードとしては、高価ですがキー部、パームレスト部、タッパネル部を分離でき、ゲームのプレイスタイルに合わせて組み合わせできるのが魅力で、初回入荷分は結構早くなくなりましたね。初回ほどの勢いはありませんが、その後もコンスタントに売れていますよ」

3つのブロックをゲームにあわせて組み合わせできる「S.T.R.I.K.E. 7 Gaming Keyboard for PC」には、ランチャーやタイマーなどの機能を備えるタッチパッドも搭載している

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中