このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

爆速の秋! 超高速モバイルデータ通信比較第3回

都内でどこまで使える!? ケータイキャリアの公衆無線LAN

2012年12月05日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カメラ量販店街でauが健闘!
新宿駅東口で計測

日も暮れてきた新宿東口。ビックカメラ前でauが使える

日も暮れてきた新宿東口。ビックカメラ前でauが使える

 新宿駅では東口駅前の大手カメラ量販店が並ぶ付近で試した。auはビックカメラ店内がエリアになっていることもあり、店の前では接続できる。

測定結果

測定結果(単位はMbps)

 ソフトバンクはどこの街に行ってもアクセスポイントを見つけられるのだが、ここでもスキャンすると簡単に「0001softbank」「SWS1Day」が見つかった。しかし、接続しようとするものの、なかなか認証が完了しなかったり、認証が完了してもすぐに切断となってしまう。やっと通信できて速度を計測したのが下り2Mbpsという数値だ。

 ドコモに関してはスキャンして見つかる場合もあるが、地上ではまったく接続できなかった。そこで、地下街に降りてみると、すぐそばに東京メトロ丸ノ内線の改札口があり、そこで通信が可能。速度も15Mbpsを超えた。ドコモの「困ったときは地下鉄の駅」という法則が、新宿東口でも通用した格好だ。

夜の池袋でもソフトバンクは通信可
駅近くならドコモも高速

池袋の夜に出ている公衆無線LANの電波はソフトバンクくらいか?

池袋の夜に出ている公衆無線LANの電波はソフトバンクくらいか?

 最後に訪れたのは池袋西口。夜の大都会の通信状況はどうだろうと、あえて夜遅くに計測した。すぐに接続できたのはソフトバンク。他の場所と同様に切断したり不安定だが、場所を細かく移動していくと上下とも4Mbpsの速度を記録した。

測定結果

測定結果(単位はMbps)

 ドコモはほとんど電波が入らず。困ったときの駅頼みということで、階段を降りて東武東上線の改札に近づくとエリアに入って接続できた。速度は10Mbpsは超えなかったが8.28Mbpsと良好だ。

 反対にauはどこに行っても接続できず、エリアマップにあった池袋駅付近のauショップ前まで出向いてみたが、まったく電波を受信できなかった。他にもauのアクセスポイントの電波をスキャンで見つけることもあったが、弱かったために接続に至らなかった。

 少し驚いたのだが、店の外でも電波を確認できないということは、auショップに設置されたアクセスポイントは、閉店後は電源を切るのではないかということ。

 金属製の分厚いシャッターがあるため、完全に電波を遮っていた可能性もあるが、店舗営業時間外のアクセスポイントは使うことができないと考えていたほうがいいだろう。

公衆無線LANはドコモが速度面で優位か!?

 さて、都内各所で公衆無線LANを試してみたが、現時点でエリアと速度の点でドコモが優位であることにまちがいないだろう。ソフトバンクはアクセスポイントが多くエリアは広いものの、電波の干渉などの問題のためかスムースに利用できない場合が多かった。

 とはいえ、これはあくまで平均としての話。使えるエリアがあくまでスポットとしての展開の公衆無線LAN。場所によってはまったく使えない反面、ある場所では1社だけ良好に使えるところもある。

 ソフトバンクについては先日、Wi-Fiスポットの強化について発表しており、EAP-SIM認証によるログイン時間の短縮や、5GHz帯に対応したアクセスポイントの拡充などを行なうとのこと。特にアクセスポイントについては11月末現在で約14万ヵ所が5GHz帯に対応しており、2013年3月末までには40万ヵ所になるという。これにより接続性は改善されるだろう。

 うまく使えば高速かつデータ通信容量をオフロードでき、かつスマホユーザーなら無料で使える場合も多い。もし設定していないのであれば、1度ぜひ使ってみてはいかがだろうか。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン