このページの本文へ

Flashがゲームに活路、Game Developer Tools登場

2012年12月04日 14時11分更新

文●小橋川誠己/Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 アドビはFlashの未来を本気でゲームに賭けたようだ。アドビ システムズは、12月4日、ゲーム開発ツール群Adobe Game Developer Toolsを発表した。パフォーマンスチューニングツールの「Adobe Scout」、C/C++のクロスコンパイラ「Flash C++ Compiler」、「Adobe Gaming SDK」などからなり、製品名に「Flash」の文字こそないものの、Flashゲームに特化した開発ツール群となっている。

 Adobe Scoutは、Flashコンテンツのパフォーマンスチューニングツール。2011年に「Monocle」というコードネームで紹介されていたもので、Game Developer Toolsの投入に合わせて正式版としてリリースされた。ActionScriptだけでなく、Flash PlayerやAIR内部の動作状況をモニタリングでき、Flashコンテンツを実際に再生しながら、タイムラインに沿ってボトルネックとなっている処理を細かく洗い出せる「開発者待望のツール」(アドビ システムズのアンディ・ホール氏)。

Adobe Scoutの画面。色分けされたグラフでどこが重いのかが一目で分かる。原因をドリルダウンして探ることもできる

Adobe Scout

 Flash C++ Compilerは、C/C++で開発されたアプリケーションをFlash Player向けにクロスコンパイルするツール。「デスクトップ用のゲームなど、過去のゲーム資産をWeb経由で配信できるようになる」(ホール氏)。PC向けのFlash Playerだけでなく、Adobe AIRを介してAndroidやiOSのアプリへも変換可能。実際にコンパイルされた「Epic Citadel」のデモが公開されている。

Flash C++ Compilerのデモ

Flash C++ Compilerで開発されたデモ

 Adobe Gaming SDKは、ゲーム開発に必要なフレームワーク、サンプルコードなどをまとめたパッケージ。Game Developer Toolsはこれら3製品と既存製品の「Flash Builder」「Flash Professional」で構成される。単体での販売はせず、Creative Cloudのメンバー向けに提供する(一部は無償メンバーでも利用可能)。

 アドビはもともと「ゲームとビデオにFlashの強みがある」と主張してきたが(関連記事)、Game Developer Toolsの投入によってその姿勢がより鮮明になった。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く