このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

爆速の秋! 超高速モバイルデータ通信比較第1回

100Mbpsも夢じゃない!? 最新鋭モバイルルーターはスゴイ

2012年12月03日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

将来的に150Mbpsになるかもしれない!?
3Gでも安定した通信が魅力の「EMOBILE LTE」

イー・モバイルのモバイルルーターの中でも最新スペックの機種であるファーウエイ製「GL04P」。3Gでも安定して通信ができることがイー・モバイルだ
イー・モバイルのモバイルルーターの中でも最新スペックの機種であるファーウエイ製「GL04P」。モノクロディスプレーには電波の受信レベルやLTE/3Gの別の表示、接続端末数などが表示され、すぐに確認できるようになっている。新色(ホワイトとレッド)が12月6日に発売予定だ

 国内でモバイルルーターと言えば、忘れてはならないのがイー・モバイル。3Gサービスがメインだった頃に他社よりも高速化に注力し、少しずつ速度を高めて最終的には「EMOBILE G4」で下り最大42Mbpsまで高速化した。

 「EMOBILE LTE」というLTEサービスを開始した現在は、他社LTEサービスと同様の下り最大75Mbpsとなっている。ただし、下り最大75Mbpsとなるのは、同社に割り当てられた15MHz幅の周波数のうち、10MHz幅をLTEに使っている基地局のみであり、一部にとどまる(それ以外のエリアは下り最大37.5Mbps)。

側面にSIMカードスロットとmicroSDカードスロットを装備。このあたりは同じファーウエイ製のULTRA WiFi 4G 102HWと非常によく似ている
側面にSIMカードスロットとmicroSDカードスロットを装備。このあたりは同じファーウエイ製のULTRA WiFi 4G 102HWと非常によく似ている

 LTEは2012年3月のサービス開始からで、現在のところ地下鉄の駅や商業施設などではLTEサービス圏外になることが多い。ただし、3Gも含めればすでに開業から5年以上たっており、都市圏であれば、ドコモやauと比べてサービスエリアが大きく劣っているということはない。地下鉄駅をはじめ、商業施設の中などもエリアになっているため、安心して利用できると言えよう。

 しかも、3Gでも安定して速度が出るのがイー・モバイルの特徴。その理由として、イー・モバイルの端末はモバイルルーターの販売が主で、音声端末などはあまり稼動していないからと思われる。

側面にはWPSボタンとmicroUSB端子を装備する
側面にはWPSボタンとmicroUSB端子を装備する

 実際に使ってみると、スマートフォンの利用が多いと思われる場所や時間帯でも、イー・モバイルなら比較的混雑なしで通信できる印象を受けた。

 EMOBILE LTEで利用できるモバイルルーターは現在までに3機種。最新となる「Pocket WiFi LTE」(GL04P)はLTEの中でもさらに高速な「UE Category4」に対応し、下り最大150Mbpsの通信がハードウェア上は可能であるという。

 ただし、下り最大150Mbpsの速度を実現するには、今後予定されている1.7GHz帯(5MHz幅)の追加割り当てをイー・モバイルが獲得し、しかも合計20MHz幅すべてをLTEで利用することが必要だ。というわけであくまでハードウェア上は可能という理解をしておいた方がよさそうだ。

どれも一長一短
エリアや既存契約から判断するのがよさそう

モバイルルーターを手に、秋のコンクリートジャングルをさまよう筆者
モバイルルーターを手に、秋のコンクリートジャングルをさまよう筆者

 各社のモバイル高速通信サービスを比べてみると、手放しでおすすめできるサービスも、逆に絶対におすすめできないサービスもない。利用料も各社で異なるが、使いたい場所で使えなければ多少安くても意味をなさないサービスで、反対に多少高くてもその分快適ならばまったく問題ない。

 とすれば、判断の決め手は使いたい場所で快適に使えるかどうかがいちばん重要となる。次回は、東京都内を今回の5台のモバイルルーターを持って歩きまわり、使い心地を確かめてみる。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン