このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」第107回

イヤホン激戦区に投じられた「K374」

「K3003」の遺伝子を受け継ぐ低価格イヤホンの実力は?

2012年12月01日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AKGのカナル型イヤホンの新製品「K374」が発売された。実売価格は6200円程度。

カナル型イヤホン「K374」

 この価格帯はイヤホンのボリュームゾーンであり、競合製品は山ほどある。つまり数を売らねばならぬ主戦場に投入された、気合の入った量販機種、それがK374なのである。

 販売元のハーマンインターナショナルの売り文句もこんな感じだ。

 「K3003を頂点とするAKG新世代のカナルイヤホンシリーズにスタンダードモデルが登場。フラッグシップの遺伝子を受け継ぐスタジオクオリティサウンド、ハイパフォーマンス・カナルイヤホンK374」

 この煽り文句の中で、頂点と言われている「K3003」というイヤホンは、実売価格12万7500円。既成品のカナル型イヤホンで、ここまで高いものは珍しい。音質的にも最高峰と絶賛されているし、実際、私もそう思う。

お借りしたK3003はパッケージも豪華。他の機種はただ巾着袋に入れられてきたというのに……

 しかし、K374は約20分の1のお値段。その差は一体どこにあるのか。「フラッグシップの遺伝子」は、どのあたりに受け継がれているのか。それを考えるのが今回のテーマである。

 なおK374にスマートフォン用のリモコンマイクが付いた「K375」、そして同じくスマートフォン用のリモコンマイク付いて、かつノイズキャンセル仕様の「K391NC」も同時に発表されている。音質的にK374と差のないK375は省略するとして、今回はノイズキャンセル仕様のK391NC(実売価格1万5000円程度)も同時に比べてみたいと思う。

左からK3003、K374、K391NC。K3003のハウジングがステンレスなのに対し、K374、K391NCはアルミニウム。K374は光沢感のある仕上げ、K391NCはつや消し処理が施されている。K374にはカラーバリエーションがあり、写真はシルバーの「K374SLV」。その他に赤い「K374RED」がある

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン