このページの本文へ

知らざれざるASUS製ビデオカードの作り込み具合を徹底調査! 第2回

ASUS製ビデオカードのクーリング性能に迫る【ミドルクラス編】

2012年12月05日 11時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

長時間のフル稼働も安心のリファレンスモデル
GTX660 TI-DC2-2GD5

製品情報:http://www.asus.co.jp/Graphics_Cards/NVIDIA_Series/GTX660_TIDC22GD5/
実売価格:2万8500円前後

コアやブーストクロックがGeForce GTX 660 Tiのリファレンス準拠となる「GTX660 TI-DC2-2GD5」

スペック表
GPU NVIDIA GeForce GTX 660 Ti
ストリーミングプロセッサー数 1344基
コアクロック 915MHz
ブーストクロック 980MHz
メモリー転送レート(相当) 6008MHz
ビデオメモリー GDDR5 2GB
メモリーバス幅 192bit
バスインターフェース PCI Express 3.0
補助電源 6ピン×2

3DMark11 (単位:score) better→

Battlefield 3 1920×1080ドット(単位:fps) better→

 リファレンスクロックながら、ASUS独自品質の6フェーズのデジタル電源回路や「Super Alloy Power」を搭載。冷却面や静音面もDirectCU IIクーラーを搭載するので安心だ。
 メーカー規定のブーストクロック値は980MHzだが、実測では独自の基板や高冷却のDirectCU IIクーラーのおかげか、最大で1084MHzまでアップ。そのため、バトルフィールド3のフレームレートは、オーバークロックモデルのGTX660 TI-DC2O-2GD5と僅差になっている。

リファレンスクロックモデルも共通基板を採用し、オーバークロック耐性で選別されたGPUが搭載されている

補助電源は6ピン×2基が必要になる

出力インターフェースはDVI-I×1、DVI-D×1、HDMI×1、DisplayPort×1を装備。最大4画面の同時出力に対応する

GPU Tweakによるステータス表示

GTX660搭載の最上位モデル
GTX660-DC2T-2GD5

製品情報:http://www.asus.co.jp/Graphics_Cards/NVIDIA_Series/GTX660DC2T2GD5/
実売価格:2万7000円前後

ブーストクロックが1137MHzまでオーバークロックされているGeForce GTX 660搭載モデル

スペック表
GPU NVIDIA GeForce GTX 660
ストリーミングプロセッサー数 960基
コアクロック 1072MHz
ブーストクロック 1137MHz
メモリー転送レート(相当) 6108MHz
ビデオメモリー GDDR5 2GB
メモリーバス幅 192bit
バスインターフェース PCI Express 3.0
補助電源 6ピン×1

3DMark11 (単位:score) better→

Battlefield 3 1920×1080ドット(単位:fps) better→

 ストリーミングプロセッサーは960基となるが、TDPは140W(リファレンス)で、補助電源も扱いやすい6ピン×1基仕様となるGeForce GTX 660を搭載。当然、ASUSこだわりポイントのデジタル電源回路(6フェーズ)や「Super Alloy Power」を搭載している。
 3D性能はGTX 660 Tiからは大きくダウンするが、高描画設定で十分バトルフィールド3を遊べる性能を持っている。中量級ゲームの最新作「コール オブ デューティ ブラックオプス2」なども快適に遊べること間違いなしだ。

「GTX660 TI-DC2」シリーズとパッと見は同じだが、基板が変わるためボード長は約259mmと13mm短くなっている

補助電源は6ピン×1基になるが、システム要求電源の容量は450W以上とGTX 660 Tiと同じだ

出力インターフェースはDVI-I×1、DVI-D×1、HDMI×1、DisplayPort×1を装備。最大4画面の同時出力に対応する

GPU Tweakによるステータス表示

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中