このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第29回

この冬最強スマホの一角、au「Optimus G」がヤバすぎる!

2012年11月29日 12時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

かざすだけで設定変更できるタグが便利

 Optimus Gは近距離無線通信規格「NFC」に対応する。対応端末と連作先などの交換が可能なのはもちろん、付属のNFCタグステッカーを利用したWi-Fiなどの設定変更が、とても手軽でいい感じだ。

 独自の「LG Tag+」アプリで、さまざまな設定内容を組み合わせたプロファイルをあらかじめ同ステッカーに書き込んでおき、自宅や職場、車内などに貼っておく。すると以後は同ステッカーにOptimus Gの背面をかざすだけで簡単に複数の設定内容をまとめて切り替えられる。同ステッカーは2枚付属するが国内販売は今のところ未定。韓国では1枚100円程度の手頃な価格で市販されているとのことで、国内販売にも大いに期待したいところだ。

全10種類の設定項目の中から最大6種類を1個のプロファイルとして複数保存できる。これをNFCタグステッカーに書き込んだら、あとはOptimus GをかざせばOK。Optimus Gの背面両脇下半分に当てるようにするとうまく認識される。同ステッカーにかざす際、「LG Tag+」アプリを起動する必要はないが、画面ロックを解除する必要がある

シニアにもやさしいホーム画面

 面白いのが、ホーム画面上のアイコンサイズやフォルダーサイズを拡大できる点。アイコンサイズは標準と大の2種類から、フォルダーサイズは長押しとドラッグにより計8種類から選択できる。拡大したアイコンはフォルダーに入れられないが、必要なアイコンのみを拡大しておけば、シニアでも安心して利用できそうだ。

アイコンを拡大するには、アイコン長押し→右上の紫色ボタンをタップ→右上の「+」をタップする

ケースをつけたまま卓上ホルダーに乗せられる

 実は付属の卓上ホルダーにもひと工夫がされている。姉妹機であるドコモ「Optimus G L-01E」の卓上ホルダーと異なり、アダプター部分を取り外すことで、任意のケースを装着したままセットできるのだ。ケースを装着しない場合は、アダプター部分を卓上ホルダーに取り付けてからOptimus GをセットすればOK。もちろん、あらゆるケースに対応するわけではないが、こうした「購入者をガッカリさせないための細かな配慮」にメーカーの本気度を感じる。

アダプターを取り外せば、ケースを付けた状態でも乗せられる

クアッドコアをフル活用したい人にオススメ

 これまでのクアッドコア端末は、視覚的に凝ったゲームなどをする場合を除き、多くの人にとってはそのありがたみを実感しにくい存在だった。しかしOptimus Gは、うなるほどのハイスペックを日常の使い勝手にうまく溶け込ませることで、クアッドコアのようなハイスペックをより身近なものにした初めてのスマホと言える。

 本当の意味で使いやすいハイスペック端末を探し求めているのであれば、Optimus Gが有力候補となるだろう。

au「Optimus G LGL21」の主なスペック
メーカー LGエレクトロニクス
ディスプレー 4.7型液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約69×137×9.6mm
(最厚部10.3mm)
重量 約143g
CPU Snapdragon S4 Pro APQ8064 1.5GHz
(クアッドコア)
メモリー容量 ROM:16GB/RAM:2GB
外部メモリー microSDXC(最大64GB)
OS Android 4.0
LTE対応
WIN HIGH SPEED
無線LAN 2.4/5GHz対応
テザリング ○(最大10台)
国際ローミング CDMA/GSM/W-CDMA
カメラ画素数 リア:約1300万画素CMOS
イン:約130万画素CMOS
バッテリー容量 2210mAh
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ
赤外線
防水/防塵 ○/×
SIM形状 microSIM
連続待受時間(3G/LTE) 約440時間/約420時間
連続通話時間 約770分
カラバリ アストロブルー/プリズムホワイト

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン