このページの本文へ

SilverStone「Zeus SST-ZM1350」

SilverStoneから1350W電源と、奥行140mmの650Wモデルが登場

2012年11月24日 22時57分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SilverStoneから80PLUS SILVER認証を取得した容量1350Wの電源ユニット「Zeus SST-ZM1350」が発売となった。同時に奥行140mmの650Wモデルも登場しているので合わせて紹介しよう。

文字通りゼウスがデザインされたパッケージの1350W電源ユニット「Zeus SST-ZM1350」がSilverStoneから登場

 容量1350Wの「SST-ZM1350」は、オーバークロックやハイエンドゲーミングPCなど大出力を必要とするエンスージアスト向け電源ユニット。1%以内の範囲で厳密に調整された電圧制御と低リップルノイズ設計により安定性を確保。周辺温度50度の環境下でも定格出力1350Wの連続運転を可能とした。
 また+12Vは6レーン(各30A)と1レーン(105A)出力の切り替えが可能で、デュアルCPUやマルチグラフィックス環境でも安定した出力を実現。さらに+3V、+5V、+12Vの各ラインは必要に応じて微調整ができるように、出力調整つまみが搭載されている。
 冷却ファンはボールベアリングの80mm口径で、温度に応じて回転を自動制御する可変モードと、急速冷却するフルスピードモードを切り替えできる。ケーブルはフルモジュラー仕様で、オプションでショートタイプのSST-PP05やスリーブタイプのSST-PP06にも交換可能。サイズは150(W)×230(D)×86(H)mmで、重量は約4.5kgとなる。
 価格はパソコンショップアークで3万3980円。

+12Vは6レーン(各30A)と1レーン(105A)出力の切り替えが可能。+3V、+5V、+12Vの各ラインは必要に応じて微調整ができるように、出力調整つまみが搭載されている

 同時発売の「SST-ST60F-PS」は、フルモジュラー仕様ながら奥行を140mmに抑えた容量650Wの電源ユニット。ケーブルはオプションで変更可能なため、内部スペースに制約を受ける小型ケースでも容易に配線できる。
 +12Vは1レーン49Aの高出力を実現し、マルチグラフィックスはSLIとCrossFireXをサポート。冷却ファンは口径120mm、騒音値18dBA(最小値)。サイズは150(W)×140(D)×86(H)mm、重量約2.25kg。
 価格はパソコンショップアークで1万980円だ。

フルモジュラー仕様ながら奥行を140mmに抑えた容量650Wのショートタイプ電源ユニット「SST-ST60F-PS」

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中