このページの本文へ

「NOWing SERVER for SMB Generation2」

テックウインド、Windows Server 2012 Essentials搭載サーバー

2012年11月23日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月21日、テックウインドは「Windows Server 2012 Essentials」搭載の中小企業向けサーバー「NOWing SERVER for SMB Generation2」の販売開始を発表した。

Windows Server 2012 Essentials搭載サーバー「NOWing SERVER for SMB Generation2」

 Windows Server 2012 Essentialsは、最大25ユーザーおよび50デバイスまでの中小規模向けのサーバーOS。これを搭載する本製品は、社内にITを専門にした管理者がいなくても、サーバーということを意識せず、快適にそして簡単に使えることをコンセプトに独自企画・構成したサーバー。初心者でも安心して利用できるよう、簡単セットアップマニュアルを同梱する。

 そのほか、2年間の製品保証に加え、トラブル発生時には代替製品をユーザーへ先に送る「先出しセンドバック」方式に対応することによりサーバー停止時間を最小限にできるなど、充実したサポート体制を構築しているという。さらに、サーバー内のデータを外付けHDDなどに自動バックアップする機能を搭載。一度設定しておけば、サーバー内のHDDが故障しても、すぐにバックアップデータを復元できる。

「NOWing SERVER for SMB Generation2」のスペック

 筐体はコンパクトなキューブ型で、従来モデルと比べて容積64%の大幅な小型化を実現。HDDはフロントアクセスが可能で、サイドパネルを外すことなく4基のHDDベイにアクセスしてHDDの増設や交換が可能となっている。また、BTO、カスタマイズにも対応する。

 NOWing SERVER for SMB Generation2の価格は、オープンプライス。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ