このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

これは買い!!「nasne」の録画番組のBD書き込みに対応

純国産の信頼と情熱の結晶! パイオニア製BDドライブ「BDR-S08J」

2012年11月30日 11時00分更新

文● 芹澤正芳

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「nasne」録画番組のBD書き出しに対応
「DiXiM BD Burner 2013 for Pioneer」

 ソフト面の目玉といえるのが「DiXiM BD Burner 2013 for Pioneer」だ。これはBDドライブを搭載しないレコーダーで録画した番組をネットワーク経由で受け取り、BD-RやBD-REに書き込めるというもの。前モデル「BDR-S07J」搭載の「DiXiM BD Burner 2011 for Pioneer」では、録画機能のある液晶テレビで録画した番組を保存することは可能になっていたが、DiXiM BD Burner 2013 for Pioneerでは、nasneのサポートを実現した。

「nasne」録画番組のBD書き出しに対応した「DiXiM BD Burner 2013 for Pioneer」
ネットワークを通じて録画番組をBDに書き出せるのが魅力

 nasneで録画したテレビ番組の書き込み(ムーブ)は、従来は実質的に「VAIO」シリーズのみ対応という点が最大のネックで、またDTCP-IP対応機器でしか録画番組を楽しめなかった。しかし、DiXiM BD Burner 2013 for Pioneerがあれば、nasneによる録画番組のBD-R/BD-RE書き出し(ムーブ)が可能になり、BDドライブのある環境ならどこでも再生できるようになる。

 その使い方は、非常に簡単だ。まずはBD-RまたはBD-REをドライブに挿入し、フォーマット。ネットワーク内にnasneがあれば自動的に認識するので、上部のメニューから「ダウンロード」を選び、録画してある番組を選んでダウンロードを開始するだけ。これでBDメディアに書き込みが可能だ。nasneはダビング10対応しているので、書き込みを行なうと、書き出し可能な回数は1回減ることになる。

nasneで録画した番組を選び、ダウンロードを実行あとはBDメディアに書き込まれるだけと、使い方は簡単だ

 BDドライブを持たないというnasneのネックを、付属ソフトだけで一気に解消できた点には非常に驚かされる。

信頼性バツグンのBDドライブが
「BDR-S08J」でハード/ソフトとも大幅進化

 BDR-S08Jは、純国産で細部までこだわった設計により、高い信頼性と安定性、そして快適に使うための静音性も高く、設定も柔軟に変更できるユーティリティーも付属。オーディオ好き向けの機能もあり、幅広い層へ自信を持ってオススメできる1台。nasneにも対応し、録画した番組のBD書き出し(ムーブ)も行なえると、まさに隙なしといった充実ぶりだ。BDドライブ選びでは、まずはBDR-S08Jをチェックすることをお勧めしたい。

「BDR-S08J」は、信頼性と安定性、さらに静音性も高く、まさにオススメの1台。柔軟性の高い高機能ユーティリティーが付属する上、「nasne」録画番組のBD書き出し(ムーブ)も行なえるのだ

15倍速廉価モデル「BDR-208JBK」も注目

 「BDR-208JBK」は、nasneとの連携機能は備えていないものの、15倍速BD-R(1層)書き込みを行なえる廉価モデル。もちろんWindows 8対応。価格はオープンプライス(店頭想定価格1万5000円前後)。

 CDの音楽データを忠実に読み取る「PureRead2(原音再生)」機能を搭載。さらに、独自のハニカム構造、ディスクの回転による風を利用した冷却構造を継承しており、静音性も向上。「BDR-S08J」同様に信頼性の高いモデルなのだ。

「BDR-208JBK」

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中