このページの本文へ

BYOD解禁!モバイルでビジネスが変わる

アプリを使って簡単にビジネス通話に切り替え!

法人向け「050 plus」に公私分計対応のBYOD用オプション

2012年11月22日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月21日、NTTコミュニケーションズはスマートフォンで利用できる企業向けの050 IP電話サービス「050 plus for Biz」において、私有の携帯電話を業務に活用するBYODに最適という「W-modeオプション」(050 plus W-mode)の提供開始を発表した。

BYODに最適という「W-modeオプション」の仕組み

 「050 plus W-mode」は、スマートフォンでもフィーチャーフォンでも携帯電話料金の公私分計ができる機能を提供。スマートフォンで利用する場合は、アプリを使って簡単にビジネス通話に切り替わり、フィーチャーフォンで利用する場合は、通話相手先の電話番号に「003543」を付けてダイヤルすることでビジネス通話を発信できる。これらのビジネス通話料金は、まとめて会社に請求される仕組みだ。

 通話相手には私有携帯電話の電話番号ではなく050番号が通知されるため、プライバシーの配慮が可能になる。

 本オプションの1IDあたりの料金(税込)は、初期費用が1050円、月額基本料が525円。11月21日以降に申し込み、2013年3月31日までに開通したIDについては、開通月とその翌月の月額基本料と工事料を無料とするキャンペーンが実施される。なお、通話料金は、以下の通りだ。

料金イメージ

カテゴリートップへ

この特集の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ