このページの本文へ

iPhone 5で使いたい特選ヘッドフォン&ポータブルアンプ 2012秋 第1回

この秋は良品揃い! 1万円前後で買えるヘッドフォン7モデル

2012年11月19日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

このフィット感にはびっくり!!
ボーズ「SIE2i sports headphones」

「SIE2i sports headphones」。写真のグリーン以外にオレンジカラーも用意する

「SIE2i sports headphones」。写真のグリーン以外にオレンジカラーも用意する

 尖った爪のような独特の「StayHearイヤチップ」が特徴的なボーズのヘッドフォン。今回はやや異質ではあるが、スポーツ向けモデルの「SIE2i sports headphones」(実売価格1万6000円前後)を取り上げる。

 ベースとなる「IE2」との違いは、汗や水しぶきに強い防滴仕様となっていること。ハウジングとマイク部分は疎水性の強い生地で保護し、リモコン部分も水の侵入に強い構造となっている。このほか、コネクター部分の強度を高めており、激しい運動でも使える耐久性の高い作りとなる。

スマホ操作用のリモコン。背面にはマイクを内蔵し通話も可能だ

Reebok社と共同開発したケース。iPhone 5を入れてみたが(写真)、実は上下が逆っぽい(手前側にスペースが空いているが、本来ここにボタンが来るのが正しい気がする)。オーディオ出力端子の位置の都合上、このようにしか収まらない

Reebok社と共同開発したアームバンド。iPhone 5を入れてみたが(写真)、実は上下が逆っぽい(手前側にスペースが空いているが、本来ここにボタンが来るのが正しい気がする)。オーディオ出力端子の位置の都合上、このようにしか収まらない

 このほか、スマホやポータブルプレーヤーを収納できるアームバンドも付属。こちらもスポーツ仕様で、手洗いが可能なほか、プレーヤー収納部分はクリアケースの上からタッチ操作ができるなど、なかなかの高機能さだ。スポーツ仕様でアームバンドでの使用を前提としていることもあり、コードは75cmと短めだ(53cmの延長ケーブルも付属)。

装着イメージ

装着イメージ

 装着感のよさは比類がなく、独特な形状の爪が耳にひっかかり、激しく頭を振ってみても外れるどころかズレる気配もない。カナル型と違って耳の奥深くまでは突っ込まないので、耳栓型に違和感のある人にも使いやすいだろう。

量感豊かな低音が支える自然なバランス
安心のボーズサウンドクオリティー

音質評価

  • 解像感 :★★
  • ボーカル:★★★★
  • 低音   :★★★
  • 音場感 :★★★

 音質は量感豊かな低音を主体とした聴きやすいバランスで、ボーズらしいまとまりのよさを踏襲している。なんと言ってもアニソンが絶品で、リズムを刻むベースは量感や音階の再現がまさにちょうどいいバランスだし、元気の良さや勢いは感じさせながらも尖ったところがなく、ナチュラルな声を楽しませてくれる。

 ポップスも同様で、男性ボーカルは中域の厚みのせいもあって、ほどよくウォームな再現になる。解像感の高い再現ではないが、コーラスとの分離もしっかりしており、物足りなさは感じることはない。

 ジャズはトランペットの勢いやテンションの高さはやや穏やかになり、リラックスしたムードの演奏になる。クラシックも上等の客席で聴いている感じで、楽器の自然な音色の再現やホールの響きのバランスが良好。バランスの取れたまとまりでジャンルを選ばず、心地よい音で音楽を楽しめるのはさすがだ。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中