このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Surfaceで米国版Xbox Liveのコンテンツを買ってみると……

2012年11月17日 12時00分更新

文● 鈴木淳也(Junya Suzuki)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米国外でエンタメ系サービスは利用できるか?

 Surfaceを米国外に持ち出して、サービス提供外の地域でインターネットに接続させたところ、ビデオアプリの「Xbox Video」のストアはそのまま閲覧できる状態で残っていた。ただし購入プロセスを進めていくと、ダウンロード開始時点でストップしてしまう。

今回のレビューのポイントは、Windows 8/RTでエンターテインメントサービスが提供されている米国外の地域、例えば日本でどのように動作するかという点。試しにストアに接続してみたところ、ストアのリスト自体はきちんと表示され、購入プロセスも途中まで進むが……

ダウンロードの段階になると、画面のような警告が表示されて停止してしまう。IPアドレスでブロックされているようだ

 表示された警告メッセージには「現在購入を行なっている場所は、あなたがXbox Liveアカウントで登録した場所とは異なる」と出ている。つまりXbox Live(=Microsoftアカウント)の登録情報とサービスの提供地域が一致しない限り、これらサービスは利用できないということだ。

 IPアドレスそのものでサービスがブロックされているようで、これはストリーミングサービスを利用すると顕著だ。先ほど購入プロセスのみ完了させた「Step Up」をストリーミング再生しようとしたところ、やはりエラーで中断してしまった。

米国で購入済みで、ストリーミング再生を選択した「Step Up」を再生してみると、今度はこのような警告が出る

 一方で、すでにダウンロードを済ませてある「The Amazing Spider-Man」と「Abraham Lincoln」については、問題なく再生できた。ダウンロードファイルは扱いとしてはオフライン再生と同じで、IPアドレスブロックの影響を受けないようだ。

 ひとつ興味深い現象は、飛行機搭乗中に再生を開始した「Abraham Lincoln」の再生期限が切れた後、デスクトップのExplorerから直接ファイルを再生しようとしたところ、下の画面のようなエラーが表示された。この状況では、再生期限が過ぎてもファイルは削除されず、そのままライブラリに残る形になる。今回は米国にいないためテストできなかったが、ここで再び購入プロセスを経過すると、再ダウンロードせずとも残ったファイルをそのまま再生可能にできるかもしれない。

すでに期限切れとなった「Abraham Lincoln」のファイルがSurface内に残っていたので再生しようとしてみると、「ビデオ」アプリが起動して、このようなエラーメッセージが表示された。どうやら映画を再び購入すると、ダウンロードなしに再度ファイルの有効期限を延長できるようだ

 Xbox VideoとXbox Musicでもうひとつ興味深い現象が、ビデオ/オーディオファイルをコピーや移動しても、そのまま再生可能な点だ。楽曲はさることながら、例えば「The Amazing Spider-Man」をSurfaceに挿入したmicro SDメモリーカード上に転送したところ、カードからでも再生が可能だった。

 ただしDRMで指定された再生期限はカウントが継続しているし、先ほど再生途中だった頭出し情報は維持されず、最初からの再生となった。重要なのは、ストレージ容量の限られているSurfaceでは、外部メディアにこれらダウンロードファイルを保存することで、本体の容量不足を稼げるという点だ。これにより、容量の大きいメディアファイルを一時的に外部メディアに待避、といった使い方が可能になる。

 バッテリー駆動時間とメディアファイルの取り扱いの柔軟性は、Surfaceのメリットと言える。今後のコンテンツの充実しだいでは、比較的使いやすいエンタメ系タブレットとしても評価できるかもしれない。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン