このページの本文へ

PFUの新世代ドキュメントスキャナーが登場

PCレスでスマホ・タブレットにデータ保存 「ScanSnap iX500」

2012年11月12日 13時30分更新

文● 糸井ウナム/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PFUは12日、ドキュメントスキャナScanSnapシリーズの最新モデル「ScanSnap iX500」を発表した。 発売は11月30日。直販価格はScanSnap iX500が4万9800円、ファイリングソフト「楽²ライブラリ Smart V1.0 with Magic Desktop V1.0」を同梱した「ScanSnap iX500 Deluxe」が5万4800円。

ScanSnap iX500

 ScanSnap iX500は、ボタンひとつで書類をスピーディーにPDF化できるScanSnapシリーズの新モデル。iX500では画像処理エンジン「GI」プロセッサーを新たに搭載、Wi-Fi経由でスマートフォンやタブレットに直接転送できるようになった。スキャンした原稿はPDF形式またはJPEG形式で保存可能。

 スキャン速度も従来製品比25%向上し、片面25枚・両面50面/分の高速読み取りが可能。原稿サイズ、色、両面・片面も自動的に判別し、書類を電子化できる。

 また、業務用で培った給紙技術をフィードバックし、ScanSnapシリーズでは、初めてブレーキローラーによる原稿分離方式を採用。パフォーマンスを最大限に引き出す給紙性能、耐久性を実現した。

 さらに、スキャンとOCRの並列処理することで、文字検索可能なPDFの生成が従来製品比45%まで短縮しているという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン