このページの本文へ

Noctua「NH-L9a」、「NH-L9i」

Mini-ITXに特化した全高37mmの超薄CPUクーラーがNoctuaから

2012年11月09日 22時53分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Noctuaから、全高37mmの超薄CPUクーラー「NH-L9a」と「NH-L9i」が登場。オリオスペックでどちらも4780円で販売中だ。

全高37mmの超薄CPUクーラー「NH-L9a」と「NH-L9i」。どちらも4780円で販売中

 型番の通り、LGA 1150(Noctuaのウェブサイトに記載)/1155/1156対応の「NH-L9i」と、Socket FM1/FM2/AM2+/AM2/AM3+/AM2対応の「NH-L9a」2モデルをラインナップ。Mini-ITXマザーボードでの使用に考慮したデザインで、メモリーとビデオカードとの物理的干渉を起こさない設計がポイントだ。
 サイズはIntel用「NH-L9i」が冷却ファン搭載時で95(D)×95(W)×37(H)mm、重量420g。AMD用「NH-L9a」が92(D)×114(W)×37(H)mm、重量465gで、やや異なる形状のヒートシンクを採用する。アルミニウム製放熱フィン、銅製受熱ベース、銅製ヒートパイプ×2本で構成され、どちらもサポートTDPは65Wまでとなる。
 なお、搭載ファンは共通で92mm口径14mm厚の「NF-A9x14 PWM」(回転数300~2500rpm、騒音値最大23.6dBA)を採用。付属の減速アダプター「L.N.A.」接続時で最大回転数1800rpm、最大騒音値14.8dBAとなる。

パッケージの中の本体はなかなかきれいに収納されている
メモリーとビデオカードとの物理的干渉を起こさない設計がポイント。アルミニウム製放熱フィン、銅製受熱ベース、銅製ヒートパイプ×2本で構成される

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中