このページの本文へ

フュージョン・コミュニケーションズが提供

コールセンターをクラウドで!「FUSION Connect Premium」

2012年11月07日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月6日、フュージョン・コミュニケーションズは、PBXやビジネスフォンの導入なしにコールセンターを構築できるクラウドテレフォニーサービス「FUSION Connect(フュージョン・コネクト)」に、より席数が多いコールセンター向けの機能を強化した「FUSION Connect Premium(フュージョン・コネクト・プレミアム)」を追加すると発表した。

より席数が多いコールセンター向けの機能を強化した「FUSION Connect Premium」

 FUSION Connect Premiumは、現在提供中のFUSION Connectと比べ、さらにCTIと連携したCRMやSFAなどのアプリケーションを必要とするコールセンター向けのシステム。在宅勤務を含めた多拠点展開などにも、より効果が期待できるという。

 FUSION Connectが持つオペレーターが簡単に操作可能、自社で設定変更が容易に変更可能といった特徴に加え、カスタマイズ可能な領域を提供し、全通話録音などコールセンターで必要とされる関連アプリケーションをオプションメニューとして用意する。また、PBX機能にコールセンター業務アプリケーションを付加させたいユーザーやシステムインテグレーター向けに、クラウド内にレンタルサーバーを準備。ユーザーのコールセンター環境を充実させやすくするためのインフラサービスも提供する。

 FUSION Connect Premiumの価格(すべて月額料金)は、ライセンス料金が9975円、1テナントあたり必要となる専用サーバー利用料金が1万5750円。オプションの全通話録音が1席あたり3150円など。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ