このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測第16回

5型大画面スマホのスタミナは一体全体どんなもの?

2012年11月05日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Optmius Vu L-06D、ELUGA power P-07D、AQUOS PHONE SERIE ISW16SHという大画面にこだわった3機種を比較する最終回。今回はワンセグとテザリングのチェック、そしてこれまで紹介できなかったユニークなプリインストールアプリや、便利な小機能を取り上げる。なおAQUOS PHONE SERIEはLTE対応の冬モデル「SHL21」が発売されたが、今回取り上げているのは夏モデルのISW16SHなので注意してほしい。

ドコモ「Optimus Vu L-06D」

ドコモ「ELUGA power P-07D」

au「AQUOS PHONE SERIE ISW16SH」

まずは復習として主なスペックから

 まずは最初にあらためて主要スペックを掲載しておこう。

  ドコモ「Optiums Vu L-06D」 ドコモ「ELUGA power P-07D」 au「AQUOS PHONE SERIE ISW16SH」
メーカー LG パナソニック シャープ
本体サイズ 約90×140×9.4mm 約70×136×9.4mm 約66×126×11.2mm
重量 約178g 約129g 約136g
画面サイズ 5型 5型 4.6型
画面解像度 768×1024ドット 720×1280ドット 720×1280ドット
OS Android 4.0.4 Android 4.0.4 Android 4.0.4
CPU デュアルコア 1.5GHz デュアルコア 1.5GHz デュアルコア 1.5GHz
ROM/RAM 32GB/1GB 8GB/1GB 16GB/1GB
メモリーカード × microSDXC(64GB) microSDXC(64GB)
下り最大通信速度 75Mbps(Xi) 75Mbps(Xi) 40Mbps(+WiMAX)
無線LAN 2.4/5GHz対応 2.4GHz対応 2.4/5GHz対応
テザリング ○(最大8台) ○(最大5台) ○(最大5台)
カメラ画素数 808万画素CMOS 810万画素CMOS 1211万画素CMOS
(裏面照射型)
インカメラ 126万画素COMS 130万画素CMOS 31万画素CMOS
防水/防塵 ○/× ○/○ ○/○
ワンセグ連続視聴 3時間50分 × 約6時間
FeliCa
赤外線 ×
Bluetooth 3.0+HS 3.0 3.0
HDMI ○(MHL対応) × ○(MHL対応)
SIM形状 microSIM microSIM microSIM
バッテリー容量 2000mAh 1800mAh 1800mAh
Qi × × ×
カラバリ Black BLACK ホワイト

大画面だから電池消費が激しい!?
若干物足りないワンセグの視聴時間

 3機種とも大画面ということもあり、心配なのが電池の消耗。しかしバッテリー容量もそこそこ大きい。果たしてスタミナチェックをするとどうなるのか? まずはワンセグから。

 ワンセグのテストはロジテック「LDT-ANT1BK」(自宅のアンテナ端子に接続して、ワンセグ機器向けに電波を飛ばしてくれる装置)を使い、室内にワンセグのエリアをつくる。およそ半径1.5m程度がエリアとなる。

室内にワンセグのエリアを作るロジテック「LDT-ANT1BK」

 ELUGA powerは主要スペックにもあるとおりワンセグには非対応。そのためOptimus VuとAQUOS PHONE SERIEの比較となる。どちらもホイップ式のアンテナで、伸び縮みするがテスト中は最大まで伸ばしている。このとき気付いたのだがOptimus Vuのワンセグアンテナはずいぶんと長い。これは長いために受信感度が高いのか? それとも元々受信感度が弱めのせいなのか!?

  Optiums Vu ELUGA power AQUOS PHONE SERIE
アンテナ形状 ホイップ式 × ホイップ式
視聴感度 1.5m × 1.5m
公式スペック 約3時間50分 × 約6時間
連続視聴時間 5時間20分 × 5時間20分

 その結果は表のとおりだ。AQUOS PHONE SERIEとの差はあまりない。どちらも1.5mまでは完璧に受信。そこから離れ始めると途切れがちになり、2mまで離れるとAQUOS PHONE SERIEは完全に受信せず見られない。Optimus Vuは受信しても途切れ途切れで「見られる」というレベルではない。

 というわけで2機種とも受信感度は普通。若干Optimus Vuがいいかもというくらいの違いだ。

 スタミナはアプリの「Battery Mix」で経過を記録した。

 Optmius Vuが公式スペックの3時間50分を大幅に上回り約5時間の視聴。一方、AQUOS PHONE SERIEは公式スペックの約6時間には及ばず。ただし5時間20分も視聴できたうえ、ワンセグ視聴が止まった時点でも10数%は電池が残っていた。Optimus Vuは5時間で完全に0%なので結構差は大きい。

 もっとも画面が小さく、電池も小さい以前のコンパクトスマホは(関連記事)、8時間超えの端末もあったので、大画面スマホはディスプレーのサイズで差がついた可能性が高い。

 ちなみにOptimus Vuだが、縦横どちらの画面で見ても、ワンセグを始めとする動画が大変見やすい。特に縦画面では普通のスマホでは横幅が狭い分だけ見にくくなるが、4:3の5型という大型の画面は縦画面でも番組が見やすい。また縦横どちらの画面でも字幕がいい位置に配置される。ワンセグ重視のユーザーは気に留めておいてもいいだろう。

実は縦でも横でも見やすいOptimus Vuのワンセグ機能

 次ページではテザリング時のバッテリーの持ちを検証する。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン