このページの本文へ

HDDを4台同時接続できる「REGZAブルーレイ」登場

2012年11月01日 16時43分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
3チューナー搭載の「DBR-T360」(上)と「DBR-T350」(下)

 東芝から、Blu-ray Discレコーダー「REGZAブルーレイ」のミドルクラスモデル4機種が発表された。11月9日発売となる。

 ラインナップは3チューナー&2TB HDDを搭載する「DBR-T360」(予想実売価格11万円前後)、3チューナー&1TB HDDを搭載する「DBR-T350」(同9万円前後)、2チューナー&1TB HDDを搭載する「DBR-Z320」(同7万5000円前後)、2チューナー&500GB HDDを搭載する「DBR-Z310」(同6万5000円前後)となる。

2チューナー搭載の「DBR-Z320」(上)と「DBR-Z310」(下)

 いずれの機種もスカパー!HD録画に対応しており、スカパー!HDチューナーを組み合わせることでT360/350なら4番組、Z320/310なら3番組の同時録画が可能。さらに外付けのUSB HDDをUSBハブを介して最大4台まで同時に接続できる。

無線LANアダプターに対応する 無線LANアダプターに対応する

 また、録画番組や現在番組をタブレットやスマートフォン、PCに転送・配信できる「レグザリンク・シェア」に対応。別売の無線LANアダプター「D-WL1」(11月20日発売予定、予想実売価格5000円前後)を使用すれば、ワイヤレスで通信が可能だ。

 このほか、新しい「スタートメニュー」を採用し、「映画」や「スポーツ」などのジャンルを事前に選択しておくだけで自動で録画してくれる「おまかせ自動録画」機能を搭載する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン