このページの本文へ

パナ「DIGA」 VS ソニー「BDZ」秋の最新BDレコ10番勝負! 第3回

歴史的僅差もついに決着! パナ VS ソニー BDレコ決戦

2012年10月31日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

BDレコーダー10番勝負九本目!! 録画画質

 ではいよいよ実際に画質を見比べてその違いを見ていこう。画質調整に関してはどちらも標準設定のままとしている。地デジやBSデジタル放送を切り換えながら見ていくと、チューナーの性能はどちらも同レベル。放送としては十分な精細感が得られている。

対決21 テレビの画質がいいのはどっち?

判定結果

  • パナソニック「DMR-BZT830」:★★★★
  • ソニー「BDZ-ET2000」    :★★★★
パナソニックのドキュメント番組の空撮シーン。明かりの灯ったビルの窓の奥の様子まで比較的鮮明に再現される。緑のスタジアムを照らすライトとビルの蛍光灯の色の違いもよく出る

パナソニックのドキュメント番組の空撮シーン。明かりの灯ったビルの窓の奥の様子まで比較的鮮明に再現される。緑のスタジアムを照らすライトとビルの蛍光灯の色の違いもよく出る

ソニーの夜の空撮シーン。精細感としては同等だが、かすかな光がより再現されており、微妙な陰影がよく出ている。コントラスト感の高さが印象的

ソニーの夜の空撮シーン。精細感としては同等だが、かすかな光がより再現されており、微妙な陰影がよく出ている。コントラスト感の高さが印象的

 画質調整としてはやや厳しいソースだが、夜の東京を空撮で捉えたドキュメント番組を見たところ、どちらもノイズ感が極めて少ないことに感心した。地デジのノイズは多くの人にとって気になるところで、そこをしっかりと対策していることがよくわかる。

 パナソニックはやや黒の引き込みが強いものの、ビルのエッジなどはより精細でカチっとした印象になる。対してソニーは微妙な光までよく出るなど、明暗の再現の幅が広いコントラストの高い映像だ。階調感も自然だ。

 このほか、ニュース番組やドラマなどをいくつか見てみたが、パナソニックは輪郭の誇張感のない素直な再現ながらもキレ味がよく、鮮鋭感豊かな映像と感じる。アナウンサーの肌の色の再現はきめ細やかで質感もよく出ている。ソニーはコントラスト感に優れたメリハリ感を持ちながら、全体的には自然なバランスにまとまっている。

 正直なところ、どちらもなかなかの画質で、これはもはや好みの差としか言えない。画質勝負で引き分けはどうにも消化不良な感じなのだが、ここは引き分けだ。

対決22 アニメをきれいに見られるのはどっち?

判定結果

  • パナソニック「DMR-BZT830」:★★★★★
  • ソニー「BDZ-ET2000」    :★★★★

 ここでは、アニメモードやノイズリダクション機能を駆使してノイズ感のない再現ができるかどうかを確認した。ちなみに、いくつかのアニメ番組を見たところ、デジタル制作の最新アニメでは、どちらのアニメモード(ソニーはアニメモード的設定)でも大きな差がなかった。

 基本的には放送アニメで目立ちやすい圧縮によるノイズの発生や輪郭の描線の乱れを抑える働きのようで、元の品質がいい場合は、特にアニメモードを選ぶ必要はなさそうだ。

 反面、主にチェックで使用したやや古めのテレビアニメの場合は、各種のノイズ抑制が有効に働いていたので、転送レートの低い地デジのアニメでもさらに効果があるだろう。

パナソニックのアニメモードにノイズリダクションを加えたもの。黒の輪郭周りのモスキートノイズがよく抑えられ、すっきりとした映像。赤や茶の部分はややノイジー

パナソニックのアニメモードにノイズリダクションを加えたもの。黒の輪郭周りのモスキートノイズがよく抑えられ、すっきりとした映像。赤や茶の部分はややノイジー

ソニーのアニメモードに向く機能を使った画質調整での映像。赤や茶で塗られた部分はノイズ感はそれなりに抑えている。輪郭の描線周りがもやついた感じになるのが残念

ソニーのアニメモードに向く機能を使った画質調整での映像。赤や茶で塗られた部分はノイズ感はそれなりに抑えている。輪郭の描線周りがもやついた感じになるのが残念

 パナソニックの場合は、アニメモードをオンとし、ブロックノイズリダクションとモスキートノイズリダクションは最大値としている。元がかなり荒れた場面を使用したこともあり、完全にノイズを除去するのは難しく、髪の毛の茶色や赤い装飾の部分がやや濁った印象になっている。感心したのは顔の輪郭の描線がもやつかずにすっきりと再現されたこと。比較的カチっとした見通しのよい映像になった。

 ソニーは、画質調整からアニメ・CGリマスターとスムージングを最大の「3」とし、各種ノイズリダクションはすべて「入」としている。赤い装飾や茶色の髪の濁った感じはよく抑えられている。輪郭の描線はくっきりとした表現だが、周囲にわずかなモスキートノイズがあってもやついた印象になる。

 希望としては、モスキートノイズの調整をもう少し強められるとうれしい。専用にチューニングされたアニメモードではなく、筆者の調整値であるため、ソニーには厳しい結果だが、ここはパナソニックが僅差で優位だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画