このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

マイクロソフト・トゥディ 第17回

新OS「Windows 8」発売まで、いよいよ13時間

2012年10月25日 11時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Windows 8」発売記念セレモニー

 日が昇ると、Windows 8の発売イベントはさらに加速する。

 「ヨドバシカメラマルチメディアAkiba」と、「ビックカメラ有楽町店」では、早朝からWindows 8発売記念セレモニーが開催され、大手メーカーのWindows 8搭載PCの販売が正式にスタートすることになる。テープカットやくす玉割などのイベントも行なわれそうだ。

Windows 7発売セレモニー開催時の「ヨドバシカメラマルチメディアAkiba」。同様に、26日早朝にWindows 8記念セレモニーが開催される

 さらに、午前中には、日本マイクロソフトの主催による、Windows 8発売に併せた記者発表が行なわれる予定だ。この会見には、国内の大手PCメーカーの首脳陣など、業界関係者が一堂に介することになる。Windowsならではのエコシステムをベースとした大規模な会見内容となりそうだ。

 当然、この日のテレビのニュースなどでは、Windows 8の発売の様子が随時放映されることになるだろう。

 そして、金曜日の夕方になると、仕事帰りのヒジネスマンなどが、量販店の店頭に押し寄せるというのは、Windows 7のときと同じだろう。

ノートPCやデスクトップPCに加え、
さまざまなタブレットPCが店頭に登場

 主要な量販店では、Windows 8に関する店頭イベントが繰り広げられている予定であり、Windows 8ならではの最新機能を知ることができるだろう。さらに、PCメーカー各社のWindows 8の新製品が展示されており、実際に体験することもできる。

 Windows 8では、これまでノートPCやデスクトップPCに加えて、新たにタブレットPCのラインナップが強化されているのが特徴だ。さらに、タブレットPCとノートPCの両方に使えるハイブリッド型(コンバーチブル型)の製品も各社から用意されている。通常はノートPCとして利用していても、外出先などで手軽に利用したいという場合にはタブレットPCとして利用できるというものだ。

富士通のピュアタブレット「ARROWS Tab Wi-Fi QH55/J」

 タブレットPCとなるディスプレー部を取り外したり、天板部分が360度回転してタブレットPCとなるもの、中央の軸や、枠を軸にしてディスプレーが反転するもの、そして、ディスプレー部がキーボード部を覆うようにしてスライドするものなど、形状が様々なだけに、ハイブリッド型(コンバーチブル型)に興味がある人はぜひ一度店頭に足を運んでその動きを体験してみるといい。

ソニー「VAIO Duo 11」(写真はタブレットモード)

デル「XPS 12 Ultrabook」

パナソニック「レッツノート AX2」(CF-AX2、写真はタブレットスタイル時)

富士通「STYLISTIC QH77/J」

「Windows 8 優待購入プログラム」は
2013年1月31日まで有効

 そして、店頭では、Windows 7を搭載したPCも割引特価で販売される可能性が高く、これを狙うのもひとつの手だ。

 実は日本マイクロソフトでは、「Windows 8 優待購入プログラム」をWindows 8発売後も実施している。2013年1月31日までの期間に、Windows 7がプリインストールされたPCや、DSP版を購入したユーザーは、Windows 8 Proのアップグレード版を1200円で入手できる。Windows 8を格安で手に入れたいという人はこれもひとつ選択肢だろう。

 加えて、「Office 2010」が搭載されたPCやパッケージを今購入すると、2013年第1四半期中に発売が予定されているOffice 2013に無料でアップグレードできるキャンペーンも実施中だ。これも有効に活用できるだろう。

 さらに、記事冒頭に挙げた、10月22日から開始されているテレビCMも、これから目にする回数が増えることになりそうだ。

 Windows 8の発売は、今日から大きな盛り上がりをみせることになる。その盛り上がりに直接参加してみてはどうだろうか。


■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン