このページの本文へ

CGCと楽天Edy、中小スーパーへの電子マネー拡充推進で合意

2012年10月18日 02時14分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 シジシージャパンと楽天Edyは10月17日、CGCグループに加盟する中堅・中小規模スーパーマーケットへ電子マネー「楽天Edy」の対応を推進することに合意したと発表した。

 CGCグループは、全国各地の中堅・中小スーパーマーケット(228社3738店舗 総年商4兆2699億円、2012年10月現在)で構成された小売業組織。

 通常、電子マネーを導入する場合は初期費用が一社ごとにかかるが、CGCグループ経由で楽天Edyを導入すると、契約が簡略化し初期コストも軽減できる。また、両社は電子マネーの導入によるメリットとして、支払い手段の多様化に対応、レジでの清算のスピードアップと違算の削減、他社との差別化などをあげている。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く