このページの本文へ

クラウド事業者向けツール「RocMonitor SSL-Plus」

ベリサインとジオトラスト、共同で証明書モニタツール提供

2012年10月18日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月17日、日本ベリサインと日本ジオトラストは、サイトロックと共同開発したクラウド事業者向けのSSLサーバー証明書モニタリングツール「RocMonitor SSL-Plus」を発表した。

クラウド事業者向けのSSLサーバ証明書モニタリングツール「RocMonitor SSL-Plus」

 RocMonitor SSL-Plusは、ベリサインとジオトラストのSSLサーバー証明書の有効期間監視、更新の管理、申請を簡易化する機能を搭載。クラウドサービスに欠かせないSSLサーバー証明書の更新漏れのリスク軽減、運用コスト削減を実現するという。

CSR(証明書署名要求)自動生成が行なえる

 サイトロックは、複数企業・複数システム・複数拠点の集中監視を低コストで実現するモニタリングツール「RocMonitor」を開発したベンダー。RocMonitor SSL-Plusは、このRocMonitorの無料付加機能として提供される。

 RocMonitorの価格は、シングルテナントモデルが80万円、マルチテナントモデルが120万円など。RocMonitorを導入済みであれば、RocMonitor SSL-Plusは無償で利用できる。

 RocMonitor SSL-Plusの提供は、ジオトラスト版が10月17日、ベリサイン版が10月下旬の予定となっている。

カテゴリートップへ

ピックアップ