このページの本文へ

機能の一部「Mirapoint WebMail」がスマホ用UI搭載

メールアプライアンス「Mirapoint Message Server」がスマホ対応

2012年10月11日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月10日、ミラポイントジャパンはメールサーバーアプライアンス「Mirapoint Message Server」に搭載するWebメール「Mirapoint WebMail」をスマートフォンに対応させ、10月31日より販売開始すると発表した。

メールサーバーアプライアンス「Mirapoint Message Server」のWebメールがスマートフォンに対応

 Mirapoint WebMailは、iPhoneおよびAndroid搭載スマートフォンをサポート。スマートフォン搭載の標準Webブラウザからアクセスし、パスワード保護された専用のWebユーザーインターフェイスを使ってメールを利用できる。このUIは、スマートフォンのタッチパネル環境で分かりやすく操作しやすいように新たに開発したという。

 Mirapoint Message Serverは、メールに必要なコンポーネントを最適化した状態で一台の専用機に統合したメールサーバーアプライアンスで、その機能の一部としてMirapoint WebMailを提供する。利用には「Mirapoint WebMail Smartphone Edition」のライセンスを購入し、Mirapoint Message Serverの管理画面からアップデートを追加すると可能となる。メールサーバーにソフトウェアをインストールする際の複雑なプロセスもなく、別途サーバーを調達する必要もない。

 価格は、Mirapoint Message Server本体が452万2000円から。別途必要なMirapoint WebMailのライセンスの価格は要問い合わせ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ