このページの本文へ

ITpro EXPOの会場内で開催中

VNXeやVFCacheも展示!EMC FORUMの展示会場をチェック

2012年10月11日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

10月10日~12日、EMCジャパンはプライベートイベント「EMC FORUM 2012」を開催している。日経BP主催の「ITpro EXPO 2012」(東京ビッグサイト)に併設されているもので、ITpro EXPO内最大規模のブースで、新製品やパートナーの展示が行なわれている。

VNXeの新モデルやVFCacheがいち早く登場

 EMC Forumは、同社の最新製品や技術、パートナーソリューションが一堂に展示されるイベントで、昨年と同様ITpro EXPO展示会場の中央に広いブースをとって催されている。また、会議棟やセミナールームなどで特別講演やセッションも行なわれている。

ITpro EXPOに併設されているEMC Forum会場

 今回の展示の目玉は、ユニファイドストレージの新製品「VNXe3150」であろう。エントリ向けの低価格な製品でありながら、クアッドコアのCPUを搭載。SSDや2.5インチ HDD、3TBのNL-SAS HDDなどを搭載可能で、ファイルサーバーや仮想化など、幅広い用途で利用できる。販売パートナーであるネットワールドのカウンターで展示されており、操作性にこだわったGUIでの設定を実際に試すことができる。

2.5インチHDDを搭載するVNXe。実はかなり奥行きが短く、正方形に近いことがわかる

 もう1つの目玉は、発表されたばかりの新「VFCache」だ。EMCは従来から高速なフラッシュドライブに傾注しており、VMAXやVNXなどでもHDDを交えた階層化管理も早くから対応している。6月に行なわれたEMC World 2012では、フラッシュドライブの適用範囲をより拡げ、オールフラッシュストレージのほか、サーバー側で利用できるフラッシュアプライアンスも計画している。今回展示されているVFCacheはサーバーに搭載するPCI Express対応のフラッシュカードで、OracleやSQL Serverのデータベースの高速化に大きく寄与するという。将来的には、ストレージにとどまらず、サーバーを含めた幅広い階層化機能を搭載する計画となっている。

データベースの高速アクセスに寄与するVFCache

 EMCのRSAセキュリティ事業部では、標的型攻撃を防ぐため「RSA NetWitness」を展示した。RSA NetWitnessはキャプチャしたパケットやログなどをベースに、不正な攻撃を検出するモノで、IPSとフォレンジック、アンチウイルスなどの機能を持つユニークなセキュリティ製品になる。攻撃の検知手法として、シグネチャや発生源、構文解析、サンドボックスなど複数の手法を組み合わせるのが特徴で、顧客にあわせた危険性に応じて、最新の脅威検出を行なう。

標的型攻撃を防ぐRSAのNetWitness

 その他、3サイトでのDRに対応したVPLEXや従来以上にハイエンドな40Kが投入されたVMAX、仮想化・クラウド環境でのHadoop導入を容易にするProject Serengetiに対応したアイシロン、ハイエンドモデルが投入されたData Domainなど、さまざまな展示が行なわれた。また、パートナーブースも用意され、DR、クラウド、仮想化、ビッグデータなど幅広いソリューションが披露されている。EMC ForumはITpro EXPO 2012と同じく、12日まで開催される。

アイシロンのコーナーではASCII.jpで制作したEMCアイシロンの冊子を配布中!

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中