このページの本文へ

プライベートクラウド環境を、迅速・柔軟に構築

運用構築ノウハウ込み!「KVHプライベートクラウドパッケージ」

2012年10月11日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月10日、KVHはプライベートクラウド環境を、迅速・柔軟に構築できるという新サービス「KVHプライベートクラウドパッケージ」の提供開始を発表した。

「KVHプライベートクラウドパッケージ」には自社開発の管理コンソール「クラウドコントローラー」が用意される。

 KVHプライベートクラウドパッケージは、同社のクラウド構築や運用ノウハウを集積したクラウド基盤「KVHプライベートクラウド」の基本構成をパッケージ化。初期費用無料、月額料金60万円から提供する。

 これにより、セキュリティ、パフォーマンス、コントロールに優れた自社専用のプライベートクラウド環境の利用を、IT資産を持たずに、容易に開始でき、システム構築、運用におけるコストの低減を実現できるという。

 パッケージの基本構成は、

  • インターネット回線
  • IPアドレス
  • ファイアウォール
  • レイヤ2スイッチ
  • 物理サーバー
  • クラウド環境全体の管理が可能なWebベースのクラウドコントローラー

が含まれる。

 このクラウドコントローラーはKVHが自社開発もので、物理サーバーおよび仮想サーバーの作成や設定変更、稼動率の低いサーバーリソースから稼動率の高いサーバーの増強リソースへの再利用、開発用サーバーの開発終了時におけるリソースプールからの即時払い出しなど、環境内のリソースを自社で自由にコントロールできる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ