このページの本文へ

初期費用やサーバー管理不要な「MaLion Cloud」は1ライセンスあたり月額1000円から

インターコム、IT資産管理ソフト「MaLion 3」をクラウド化!

2012年10月02日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月1日、インターコムはIT資産管理と情報漏えい対策のクラウドサービス「MaLion Cloud」を発表した。

資産管理&情報漏えい対策ソフトウェア「MaLion 3」の機能をクラウドで提供する「MaLion Cloud」

 これは、資産管理と情報漏えい対策機能を提供する同社のソフトウェア「MaLion 3」と同等の機能をクラウドサービスとして提供するもの。Webアクセスや送信メール、USBメモリの使用、プリンター出力など、個人情報や機密情報の漏えいにつながる従業員のさまざまなPC操作に対して、操作禁止や操作ログ収集などが行なえる。またSAM(ソフトウェア資産管理)を支援する各種台帳機能の搭載など、IT資産管理機能も充実する。

 本サービスの端末監視用サーバーやログを集約するデータベースサーバーは、あらかじめクラウド上に用意。そのため、ユーザー企業は新たにサーバーを構築する際の初期費用が不要で、サーバーの管理負担も原則不要となる。月額利用料のみで導入費用や作業負担をかけずに手軽に導入したい企業に利用しやすいサービスとしている。

 MaLion Cloudの提供開始は10月11日で、料金は1ライセンスあたり月額1000円から。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ