このページの本文へ

2年連続の女王戴冠なるか? 5年目のミクGTプロジェクト第44回

【決勝超速報】悪天候の九州戦でミクZ4は5位、Mirai Z4は12位

2012年09月30日 18時29分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●加藤公丸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

太陽は出ず、雨は降ったりやんだり
天気に恵まれなかったオートポリス戦

 本日、大分県のオートポリスにてSUPER GT 第7戦の決勝が開催された。

 朝のフリー走行が濃霧で中止になり、各チームとも走り込みができないまま迎えた決勝レース。レース時には霧は晴れたが、太陽は出ないため路面温度が上がらず、雨も強く降ったり小雨が続いたりと、とにかくドライバーもファンも天候に翻弄された。

 そんな悪天候の中、ミクZ4は11番手から、Mirai Z4は19番手からスタート。ミクZ4は途中でピットロード速度違反からドライブスルーペナルティーを課せられるも、5位でフィニッシュ。Mirai Z4は最後の最後にマッハ458先輩に抜かれたが12位でゴールした。

 GT500チームのトラブルが多かったが、2台とも無事にゴールした。しかし、今回の結果でミクZ4はチャンピオン争いから脱落することとなってしまった。

 なお、ほかの痛車の順位は、イカ娘フェラーリが9位でポイント圏内に、マッハ458先輩が11位と、やはり地元勢の活躍が目立った。エヴァ紫電はリタイヤ、音々コルベットは出場せず。

 決勝レポートはのちほどお届けする。

カテゴリートップへ

この特集の記事

東京ゲームショウ2019大特集!

  • 週アス TGS2019 特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ