このページの本文へ

「The Human Face of Big Data」用アプリを配布

人類の新しい能力を発見?EMCがイベント連動アプリ

2012年09月28日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月27日、EMCジャパンはAndroidおよびiOSに対応する「The Human Face of Big Data」アプリケーションを米EMCが公表したと発表した。

「The Human Face of Big Data」のWebサイト

 これは、画期的な写真集「Day in the Life」シリーズや世界中の大勢の人がかかわるプロジェクトの制作者であるリック・スモーラン(Rick Smolan)氏による、世界中の人々と生活を共有し比較できる無償アプリ。9月26日から10月2日の7日間、スマートフォンのセンサーを使い、それぞれの夢、関心事、家族観、睡眠、信条、性的関心や幸運などの考えについて、世界中のユーザーと示唆に富んだ質問に答えるというもの。

 Android版は本日、iOS版は今週中にダウンロードが可能になるという。

 このアプリケーションは「The Human Face of Big Data」プロジェクトの開始に伴ってリリース。このプロジェクトは、膨大な量のデータをリアルタイムに収集、分析、トライアンギュレーション(複数の調査、複数のデータ源、複数の方法を使うことで分析結果を確かなものにすること)し視覚化する、という人類の新しい能力に関する世界規模の話し合いを活気づけることをねらいとした一連の取り組みという。

 同氏とそのチームは、10月2日(現地時間)に、ロンドン、シンガポール、ニューヨークでメディアを招いたイベントを実施する。これらのイベントでは、ビッグデータの権威である専門家が、本アプリケーションを通じて世界中のユーザーから集められた7日間分の情報を視覚化し、その読み取りを行なう。さらに、主要な起業家、データサイエンティスト、著名人がそれぞれの研究事例をインタラクティブ(相互)に共有する「Big Data Lab」も実施予定だ。また、これらの発表の模様は、ライブWebキャストを通じて全世界に発信される。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ