このページの本文へ

デカァァイ! 4K2KのBRAVIAが11月23日に168万円で発売

2012年09月27日 15時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フルHDの約4倍の解像度!
デカくて綺麗なBRAVIAが待望の日本発売

 ソニーは4K2K(3840×2160ドット)表示に対応した84型の液晶テレビ「BRAVIA」(KD-84X9000)を11月23日に発売すると発表した。価格は168万円。

4K2K BRAVIA

4K2K BRAVIA

 8月下旬にグローバルで発売すると発表され、日本国内でのリリースが待たれていたが、満を持して登場する。同じ4K2Kの解像度ではすでに東芝から55型の「4K2K REGZA」が発売されているが、84型というサイズは国内最大クラスの画面サイズだ。

プレゼンテーションを行なった、ソニー 業務執行役員 SVP ホームエンタテインメント&サウンド事業部本部長 今村昌志氏

 画像処理エンジンに「4K X-Reality PRO」を採用し、より臨場感のある映像を楽しむことができる。また、SDやHD画質の映像ソースを超解像技術により4K2Kで表示することも可能。ほかには、パッシブ方式の3D表示にも対応し、フルHDの3D映像を3840×1080ドットの解像度で出力する。

フルHDの4倍となる829万画素を誇る4K液晶パネル

視野角が従来の液晶テレビの30度に比べて60度と拡大しているので、よりテレビに近い位置で見ることができる。

 また、プレイステーション3用の写真管理ソフト「PlayMemories Studio」を使えば、高解像度で撮影した写真データを4K解像度で画面に映し出すことも可能になる。すでに、同社は4K2Kプロジェクター「VPL-VW1000ES」ユーザー向けに、4K2K静止画出力ソフト「PlayMemories 4K edition」をすでに提供している。

あまり近寄ると臨場感がありすぎてめまいがしたとスエオカ談

10個のスピーカーユニットで構成される3Way(50W)サウンドシステムは、バーチャル5.1chサラウンド出力が可能

今村氏とモデルさんとBRAVIA。これで84型がどれほど大きいのかがわかると思う

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画