このページの本文へ

移行時に必要となる改修カ所と修正内容を提供する機能も提供!

アプリ移行も問題なし!シトリックス、「AppDNA」を国内提供

2012年09月26日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月25日、シトリックス・システムズ・ジャパンはデスクトップアプリケーション移行ツール「AppDNA」の国内提供を開始した。

 AppDNAは、Windows 7や8への移行、デスクトップの物理から仮想環境への容易な移行を可能にし、アプリケーション管理を簡素化するというソリューション。国内提供を開始するバージョン6.1は、Windows上で稼働するパッケージアプリケーションやカスタムアプリケーション、Webアプリケーションの使用状況を分析。移行の際に事前の確認が必要となるアプリケーションの互換性、アプリケーションの改修の必要性や改修カ所、改修内容の詳細な情報を提供するほか、新環境に適用させるためのパッケージ作成といった一連の作業を自動化する機能を用意する。

 特に分析の結果は、新しい基盤上でも問題なく稼働するものは緑、パッチ適用などの簡単な修正が必要なものは黄、より深い修正の必要性があるものは赤で表示。修正が必要なものは、その修正カ所と修正内容を提供する機能まで持つ。

「AppDNA」のエディションと価格

カテゴリートップへ