このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

電アス・ゲーム部 第32回

PS Vitaを持っている方はぜひ遊んでほしい作品

【趣味的1本!】ACT+SLG+カードバトルのごった煮ゲーム『サムライ&ドラゴンズ』

2012年09月25日 12時00分更新

文● 電撃オンライン編集部 まり蔵

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

電撃ASCIIの連載企画となる電撃オンライン編集者のゲームコラム。今回は、アクション+シミュレーション+カードバトルとさまざまな要素が詰まったごった煮ゲーム、PS Vitaオンライン専用ソフト『サムライ&ドラゴンズ』について語ります。

著者プロフィール

 ある時は、ミステリー系アドベンチャーゲーム紹介コーナー・まり蔵探偵事務所の所長。またある時は、乙女系コンテンツ紹介コーナー・電撃乙女部のヒラ部員。しかしてその実体は……適齢期をとうにすぎた妙齢のオナゴ・まり蔵です。最近の口癖は「すべてを投げ出して、旅に出たい」。

まり蔵が2012年上半期に一番遊んだゲームを勝手気ままに紹介します

 どもです、まり蔵です。隣の席のそみんから、「俺っち今バカみたいに忙しいから、今月の“趣味的1本!”はお前にまかせるっ!」と理不尽な仕事の押しつけられ方をしたまり蔵です。とりあえず、そみんには呪詛を送っておきました。まぁ、電撃オンラインのギスギスした内情は置いておいて、せっかくこういう場をいただいたので、まり蔵がこの5カ月間ちまちまと遊んできたPS Vita用ソフト『サムライ&ドラゴンズ』について語ろうと思います。

 『サムライ&ドラゴンズ』は、セガが開発するPS Vita初のオンライン専用ゲームです。ダウンロード版と、特典てんこ盛りのパッケージ版が存在しますが、ダウンロード版はなんと無料。PS Vitaの本体を持っている人は、とりあえずPlayStation Storeから落としてみてはどうでしょう。なにせタダですので。CP(チャージポイントを購入(ゲーム内課金)することによって、より深くゲームを楽しむこともできますが、まずは無料で本作の世界を楽しんでみましょう。

 本作をおおざっぱに説明しますと、いろいろな種族やモンスターが混在する世界“ガイア=エンド”を舞台に冒険を繰り広げるゲームです。この“冒険”というのがクセモノで、本作には最大4人パーティでダンジョンを攻略する“アクションパート”、さまざまな施設を発展させて自分の国を大きくしていく“シミュレーションパート”、魔獣カードを育ててユニットを組み、他国を侵略して自国の領土を広げていく“バトルパート”と、多彩な楽しみ方が用意されています。

 ゲームの最終目標は、世界各地に点在する塔“デブリズタワー”を占拠すること。プレイヤーは、前述の3パートを繰り返しながら自国と手持ちの魔獣カードを強化して、勢力を徐々に拡大しながら“ガイア=エンド”の覇者を目指すことになります。……なんて説明したところで、プレイしたことがない人は何がおもしろいのかイマイチわかりにくいことでしょう。というわけで、各パートのお楽しみポイントを、まり蔵が勝手気ままに解説していこうと思います。

ゲームを始めたばかりのころは、何をすればいいのか悩むこともあるでしょう。そんな時は、シミュレーションパートの画面左に表示されるクエストを進めていけばOK。マスコットキャラクターのサムくん&ドーラちゃんが、わりとイケイケドンドンな感じで導いてくれます。クリアすると報酬ももらえるので一石二鳥。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画