このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新のレースゲームを求めて東京ゲームショウへ!

2012年09月27日 18時00分更新

文● 末岡大祐/電アスレース部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

行ってきましたゲームショウ!
もちろんお目当てはレースゲーです

 過去最多の動員数となった今年の東京ゲームショウ。すでにASCII.jpではコンパニオン注目作のレポートが掲載されているが、電アスレース部としてはクルマゲームに絞ってお届けする。

 今回のゲームショウはマイクロソフトがブースを出していないため、据え置き機での新作レースゲームは「F1 2012」、「F1 RACE STARS」、「NEED FOR SPEED MOST WANTED」の3タイトルだけにとどまった。だが、ステアリングとシートをリリースしているメーカーもブースを構えていたので、そちらも紹介しよう。やはり本格的にレースゲーを楽しむならコックピットは重要だ。

コードマスターズブース
「F1 2012」「F1 RACE STARS」がプレイアブル

 真っ先に向かったのはコードマスターズブース。電アスレース部マネージャーの増田さんに会いに行ったが、残念ながら取材の対応で大忙しらしく会えなかった。しかし、プレイアブルで出展されていた「F1 2012」と「F1 RACE STARS」を見つけてテンションアップ! F1 2012は先日プレイしたばかりなので、まったく触ったことがないF1 RACE STARSをプレイさせてもらった。なお、F1 2012は日本GP直前の10月4日発売、F1 RACE STARSは2013年春に発売を予定している。

セガブースの一角にあったコードマスターズのブース。F1だらけのこの看板が超目立っていた

ビジネスデイだというのに、F1 2012をプレイする人は絶えず。やっぱり日本GPが近いから?

のちほど紹介するが、超本格的なコックピットがひとつだけ用意されていた。ドライビングポジションは本物のF1マシンと同じくらい目線が低い

 初めて触るF1 RACE STARS。レースの様子は本物のF1というよりもカートレースといった感じ。クルマもキャラもデフォルメされており、子どもや女性にも入りやすい。コース上の加速パネルやKERSエリアで一時的に加速したり、コースに点在するアイテムをゲットして、それをぶつけたりと、みんなでワイワイできるパーティーゲームだ。アイテムは相手を邪魔するものから、自分のマシンを一時的にパワーアップさせるものまで多種多様。このアイテムの使い方次第で逆転劇もありそうだ。F1マシンはデフォルメされているとはいえ、ちゃんと減速しないと曲れなかったり、ぶつかったら壊れたり、壊れた部分を直すためのピットインがあったりと、カワイイ見た目とは裏腹に本格的。

 F1 2012は敷居が高いと思っている人にオススメしたいレースゲーだ。F1 RACE STARSでF1の楽しさを知ったら、F1 2012で本格的にF1を楽しんでもらいたい。

F1 2012のように“本格的なF1”というわけではないが、とくに詳しくなくてもカジュアルに遊べるので、F1ファンじゃない人にもオススメのレースゲーだ

プレイするとコードマスターズレーシングのストラップがもらえました

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ