このページの本文へ

安くなっても最高音質! Androidウォークマン新モデル

2012年09月20日 15時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
5色のカラーバリエーションを揃える「ウォークマン F800」
5色のカラーバリエーションを揃える「ウォークマン F800」

Androidウォークマン拡充! 新シリーズ「F」が登場

 ソニーから、Android 4.0を搭載した音楽プレーヤーの新モデル「ウォークマン F800」シリーズが発表された。内蔵メモリー容量別に3モデルを用意し、予想実売価格は16GBモデルが2万円前後、32GBモデルが2万5000円前後、64GBモデルが3万5000円前後となる。発売は10月20日の予定だ。

 Android OSを搭載した「ウォークマン Z」は最上位機種だったが、今回のF800シリーズはその1つ下のクラスとなる新シリーズ。ウォークマン Zのディスプレーは4.3型だが、F800シリーズは3.5型となる。解像度は同じ800×480ドットだ。

側面にはボリュームボタンと即座に音楽再生画面を立ち上げる「W.ボタン」を搭載する
側面にはボリュームボタンと即座に音楽再生画面を立ち上げる「W.ボタン」を搭載する

 Zシリースと比べてF800にはHDMI出力がないほか、最新の試聴用楽曲をまとめてダウンロードできる「ちょい聴きmora」にも非対応となる。本体サイズは幅56.8×奥行き8.9×高さ114.5mm、重量は約100g。Zシリーズは幅70.5×奥行き11.1(最薄部9.6)×高さ134.2mmで重量は156gなので、かなり小さく、軽くなっている。価格も発売当初のウォークマン Zと比較して約8000円ほど安価だ。

 ただし、音質については最高音質のウォークマン Zと同等の性能を持つ。デジタルアンプの「S-Master MX」はもちろん、対応スピーカーや対応ヘッドフォン使用時に音響特性を補正して臨場感を高める「Clear Phase」なども搭載する。

 加えて、F800はZシリーズでは対応していない、可逆圧縮式音楽ファイルフォーマット「FLAC」の再生に対応する。ちなみに、Zシリーズも年内をめどにソフトウェアのアップデートでFLAC再生に対応するほか、Android 2.3から4.0へのアップデートも行なわれる。

懐かしいウォークマンをスキンとして表示する「ウォークマンクラシックスアプリケーション」を搭載

 そのほか、FMラジオチューナーやGPSを内蔵し、無線LAN、Bluetoothに対応。Google Playにも対応し、アプリのダウンロードも可能だ。バッテリーによる駆動時間は、音楽再生が約25時間、動画再生が約5時間となっている。

 F800シリーズは本体のみの製品に加え、スピーカーが付属する「F800K」(16GBモデルと32GBモデルを用意、予想実売価格は前者が2万3000円前後、後者が2万8000円前後)と、Bluetoothヘッドフォンが付属する「F800BT」(16GBモデルのみ、同2万6000円前後)をラインナップする。

史上最薄のウォークマンも登場

従来のシリーズと比較して約0.9mm薄い「S770」。8色のカラバリを用意
従来のシリーズと比較して約0.9mm薄い「S770」。8色のカラバリを用意

 同社はウォークマンのミドルクラス最新機種となる「ウォークマン S770」シリーズも同時に発売する。奥行き7mmというウォークマン史上最薄となる本体デザインを採用するほか、新機能としてClear Phaseが追加されている。

 容量は8GB(予想実売価格1万4000円前後)と16GB(同1万7000円前後)を用意するほか、スピーカー付属の「S770K」(8GBモデルが同1万7000円前後、16GBモデルが同2万円前後)と、Bluetoothヘッドフォン付属の「S770BT」(8GBモデルのみ、同2万円前後)がラインナップされる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン