このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ディスプレーが切り離せるハイブリッドタブレット「STYLISTIC Q702/F」も発売

富士通、米軍も認めた“薄型・堅牢タブ「STYLISTIC M532/EA4」

2012年09月19日 06時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通は18日、Android 4.0搭載の企業向けタブレット「STYLISTIC M532/EA4」を発表した。価格はオープンプライス。10月初旬の発売を予定している。

STYLISTIC M532/EA4は、薄さ8.6mm、重量約560gと軽量なAndroidタブレットだ

米軍調達基準を満たす堅牢性、13.4時間駆動

 約560g、薄さ8.6mmと軽量ながら、米軍調達基準(MIL-STD-810G)を満たした堅牢性の高いボディーを持つ。標高4872mの高所、-30~50℃と広い温度での試験したほか、耐湿度や耐粉塵性能にも配慮している。また、1mの高さから落としても問題なくアプリケーションが起動するという。

単に薄型というだけでなく堅牢性にも配慮している。別売の専用クレードルも用意されている

 バッテリー駆動時間は約13.4時間。単に軽量薄型だけでなく、ハードなビジネスユースにも耐えると富士通はうたっている。

 CPUにはNVIDIAのTegra 3を搭載。1GBメモリー、10.1型ディスプレー(解像度1280×800ドット)で、IEEE 802.11a/b/g/n対応の無線LAN機能、内蔵カメラ(内側200万画素、外側800万画素)なども装備する。内蔵フラッシュメモリーは32GB。microSDメモリーカードスロットを備える。

上部から見ると非常に薄型。ただしヘッドフォンジャックなどは装備している

別売のクレードルを接続することでHDMIやUSB端子が追加できるとともに、動画などを見るのに最適な角度で立たせられる

背面には電源用のコネクターのほか、USB 2.0、HDMI端子を持つ。側面には音声出力やUSB端子がある

 デジタルカタログやプレゼンテーション、学校教材など一般的なタブレットの用途に加え、屋外でのテレビ会議や保守点検結果・工事現場で撮影した写真の送信など幅広いシーンで活用できる。

コネクターボックス。USBとHDMI端子のみだが、かさばらないので、プレゼン先でプロジェクターやテレビに画面を表示したい、キーボードなどをつなぎたいといった外出先での使用には適している

 またオプションとしてUSB 2.0とHDMI出力を備えた「コネクターボックス FMV-NCBL8」(税別9800円)やUSB 2.0×2、HDMI出力、スピーカー出力などを備えた「クレードル FMV-ND56」(税別1万2000円)なども用意する。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ