このページの本文へ

Hyper-V 3.0のクラスタ環境もバックアップ

ReFSも!「MIRACLE System Savior」がServer 2012対応

2012年09月12日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月11日、ミラクル・リナックスは企業向けシステムバックアップ製品「MIRACLE System Savior」(MSS)が、Windows Server 2012に対応したと発表した。

 MIRACLE System Saviorは、最新のサーバーやWindows 2000 Server、Windows Server 2003/2003 R2/2008/2008 R2などのOS、仮想化ソフト、およびクラスタソフトウェアに対応。また、24時間サポート、7年間長期サポートを提供している。2010年3月の発売以来、災害対策への意識の高まりにより導入拡大が進み、パッケージの出荷金額ベースで対前年比200%を超える成長率を誇るという。

 今回のWindows Server 2012における検証完了により、これまでのHyper-V、Microsoft Failover Clusterに加え、Hyper-V 3.0のクラスタ環境もバックアップ可能になる。また、今回新しく採用されたファイルシステム「ReFS」にも対応するため、共有ディスクのファイルシステムにReFSを採用した最新のHyper-Vクラスタ環境でも、バックアップできるようになる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ