このページの本文へ

1万円強に戻った! 激安・爆速・超大容量の3TB HDD 第3回

録画もバンバンできちゃう!? 3TB HDD外付け活用術

2012年09月12日 12時00分更新

文● 外村克也(タトラエディット)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

とにかく大容量のHDDがほしい!
そんな場合は複数台対応のHDDケース

 毎日デジタル一眼でバンバン写真を撮ったり、デジタルビデオカメラで1080/60pの動画撮影をしまくっていたり、PCでデジタル放送番組を録画しまくっていたり、といったヘビーなユーザーだと3TB HDDですら物足りないという人もいるかもしれない。

 そういう人達にオススメなのは、2台以上のHDDを収納可能な外付けケースだ。RAID構成にできるものもあるのでチェックしてみてほしい。

3TB HDD×2台で6TB HDDを実現
ラトックシステム「RS-EC32-U3R」

ラトックシステム「RS-EC32-U3R」

ラトックシステム「RS-EC32-U3R」

 ラトックシステムの「RS-EC32-U3R」(直販価格8980円)は、HDDを2台収納可能なUSB 3.0対応ケース。特徴はRAID 0(ミラーリング)またはRAID 1(ストライピング)の2種類の冗長構成が可能なところ。

HDDを挿入するには、まず本体前面のカバーを外す。カバーは底面のスイッチをアンロック状態にすることで簡単に外せる

HDDを挿入するには、まず本体前面のカバーを外す。カバーは底面のスイッチをアンロック状態にすることで簡単に外せる

カバーを外したところ。2つのスロットが現われる

カバーを外したところ。2つのスロットが現われる

HDDはお互いがラベル面を向く形で挿入する

本体背面。左下の丸いボタンを押すことでRAIDモードを切り替えられる

本体背面。左下の丸いボタンを押すことでRAIDモードを切り替えられる

 RAID 1の使用時は3TB HDDを2台使った6TBのストレージ環境を構築できる。RAID構成をビルドする際はWindows用のユーティリティーを利用する以外にも、PCと接続せずに本体背面のボタンで切り替えることもできる。もちろん、テレビと接続して録画用のストレージにすることも可能だ。

■Amazon.co.jpで購入

3TB HDDを4台収納できれば文句ない!?
ノバック「4SATA HDD はい~るKIT Super Turbo 2」

ノバック「4SATA HDD はい~るKIT Super Turbo 2」(NV-HS421U3S)

ノバック「4SATA HDD はい~るKIT Super Turbo 2」(NV-HS421U3S)

 ノバック「4SATA HDD はい~るKIT Super Turbo 2」(直販価格1万3800円)は、HDDを4台収納可能なUSB 3.0/eSATA対応ケース。4台のHDDをスイッチひとつでオンにできるほか、電源連動といった省エネ機能も搭載する。

背面にHDDを挿入するためのトレーを装備。トレーは右側のスイッチをスライドさせることで外せる

トレー、と言ってもHDDも端にかぶせるような感じ。サイドをドライバーで固定する

あとはHDDを挿入するだけ。比較的簡単に最大4台のHDDを1台にまとめられる

背面下方にeSATAとUSB 3.0のポートがある。ファンの回転をコントロールするダイヤルまで備える

背面下方にeSATAとUSB 3.0のポートがある。ファンの回転をコントロールするダイヤルまで備える

 本製品にはRAID機能はついていないため、PCからは単純に4台のHDDが見える形になる。なお、同社はRAID機能を搭載した「4SATA HDD はい~るKIT RAID Data Saver」(直販価格1万7800円)も発売しており、そちらなら最大12TB(3TB×4台)を1ドライブとして利用できる。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン